医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

ビジネススキル

【報連相】できる部下の報連相はここが違う

投稿日:2017-02-05 更新日:

【プレジデント・一流の勉強法】役員になれる人、課長止まりの人

一流の勉強法

こんにちは、Michiです。今日もビジネスレポです。

プレジデント「一流の勉強法」から、報連相にまつわる1コラムを紹介したいと思います。このスキルは、一流は一流でも・・社内の中での一流を目指すために身に着けておくべきスキルですね。

私にとってはあまり興味のない出世術のような内容になってしまいますが、なるほど~と納得する部分もあったのでレポートしておきます。

 

いかに組織でのしあがっていくか?

こちらコラムは、質問と解答形式でまとめられていました。その中で役員になれる人が実践している、当たり前のことを一つあげてみたいとおもいます。

問題:目上の人(上司)から信頼され引き立てられるのはどっち?

①仕事ができる部下

②上司をたてる部下

解答:①も②も大事だけれど、結局のところ、上司から信頼されるのは「戦略的な太鼓持ち」ができる人。すなわち上司を立てる人ってことで、答えは②です。

※プレジデント【一流の勉強法】の「役員になれる人と課長止まりの人は、どこがちがうのか」より

私も新卒で大手企業に入社しました。

上記のような「戦略的太鼓持ち」ができる人が出世していく・・・というのは、何となく社内をみているとわかりました。

『いやいや、それは過去のことで、今は成果主義でしょ?』

『上司に気に入られなくても、能力があれば昇進できるんだ!』

とみなさん思っていませんか?

 

経営者レベルや専門家レベルなら、たしかにその考えで良いのかもしれません。

 

でも組織に属し、その中でのしあがっていくには・・やっぱり上司をたてることができなければ、出世の道はなかなか開けません。

 

 

【戦略的太鼓持ち】上司をたてることができる人とは

なぜ、上司をたてることができなければ、出世の道が厳しいか。

それは、上司をたてる部下というのは「利他的な人間」と言う印象を周囲に与えることができるからです。

この利他的な人間だという印象が、昇進する上で非常に大事なポイントになってくるのです。

利他的とは

「自己中心的でなく、会社の秩序を守れ、コミュニケーションが上手」という意味です。

この逆が、利己的です。

利己的とは

「自分の利益だけを追求し、他人を顧みない」という意味です。

 

利他的とは、つまり会社員として文句のつけようがない人間性だと言えます。

組織という大所帯である以上、信頼できない人には、いくら仕事ができても組織は任せられないのです。

会社というものは、ほんの一度の不祥事でつぶれてしまいます。だから、仕事はほどほどにできれば良くて、大切なのは信頼です。

 

「戦略的な太鼓持ち」と「ゴマすり」の違いとは?

では、とにかく出世したければ上司にいい顔をしておけばよいということでしょうか?

これは誤解してはいけない点ですが、ひたすら上司を立てておべんちゃらを並べれば良いわけではありません。

それではただの「ゴマすり」です。出世できる人は、ゴマすりではなく「戦略的な太鼓持ち」になれる人です。

つまり、あからさまなゴマすりではなく、自然に上司を立てつつ信頼を勝ち取っていく必要があるのです。

非常に難しそうに思えますが、実はこれは社会人として、最初に身に着けるべきだと言われている“あのスキル”が重要なポイントになるのです。

 

戦略的な太鼓持ちは、「報連相」が上手!

報連相

上の写真は私が社会人なりたての頃に買った古本です。

「上司にはきちんと報連相をする」

これ、社会人として初めに教わることの一つですよね。

報連相とは、仕事に対して、その状況を報告し、何かあれば連絡し、そして今後のことを相談する、といった一連の情報共有のことをいいます。

社会人になって初めて耳にする言葉でしたが、この報連相こそが上司を立てる行為であり、役員への道を開くポイントになるのです。

とくに難しいことではなく、2週間に1度のペースできちんと報連相をするだけでよいのです。たったそれだけのことで、同期から抜き出ることができます。

なぜなら、そんな当たり前のことが、実際はみんなできていないからです。

上司の方から質問されて、初めて相談したり・・・

良い結果が出た時だけ、報告にいったり・・・

逆にどうしようもないくらい悪いことが起こった時だけ、連絡したり・・

といった報連相が、世の中にはあふれているのが現状なのです。

しかし、役員までのしあがる人違います。

上司のスケジュールをいつも確認し、最も余裕がありそうな日に30分のアポイントをとります。

事前に何の相談で、相談内容はどういうことかを簡単にまとめたメールも送っておきます。

このちょっとした違いこそが、出世の分かれ道、すなわち上司をたてて信頼を得られるかどうかの違いなのです。

というのも、上司というのは、相談してほしいが、忙しいのも現実です。

余裕のある日を選ぶという気遣いをみせることが、まずポイントです。

さらに、上司も人間です。部下には的確にアドバイスし、やはり尊敬されたり感謝されたいのです。

上司が男性の場合は、女性の部下には自分のできる姿をみせたいなんていう男心もあります。

上司が女性の場合は、部下になめられたくないという複雑な心境もあります。

そのため、事前に相談内容を提示し、上司にアドバイスいただきたい部分をわかりやすく伝えておくのです。さらにそのアドバイスの方向性まで上司に示してあげておくと、上司はとても楽に報連相に望めます。

つまり、

普通の部下は、「報連相」とは何かあった時に、必要に迫られて報告したり、連絡したり、はたまた自分では良いアイデアが浮かばなくて相談したりすることだと考えているのです。

そのため、報告や連絡内容が悪い事やつまらないことであったり、漠然とした相談内容で上司に時間を無駄に長く使わせてしまうことも多くなります。

一方、役員までのし上がる人は、「報連相」とは、何もないときにこそ必要なコミュニケーションと考えます。

むしろ今後の方針として自分の中に良いアイデアが浮かんでいるときにこそ、相談をもちかけます。アイデアをさりげなく事前に上司に伝えつつ、自分では悩んでいて先にすすめないという相談をもちかけて、上司に背中を押させるのです。上司をたてつつ、自分の能力もアピールできて一石二鳥ですね。

 

【まとめ】役員になれる人は、結局人として魅力的!

以上、プレジデント「一流の勉強法」とビジネス著書「頭を使ったホウ・レン・ソウ」から、出世する人とはどういう人か、について考えてみました。

社会人の基本的なビジネススキルの1つとして、最初に学ぶ「報連相」。

これを、そのまま報告・連絡・相談の場とせず、自己評価をあげ、さらに上司の気分も良くし、上司に自信を与えるための場とできるかどうかが、重要なポイントだということがわかりました。

役員になれる人は、若いときからここまでできているということですね。

太鼓持ち、上司を立てる、ときくと何となくいやらしい感じがしますが・・・考えてみれば、「相手を思いやることができる」「利他的」な人だということができます。

すなわち出世できる人は、ビジネスマンとして魅力的だということに尽きると思います。

自分の立場ではなく、相手の立場、上司の目線にたって行動できているからこそ、ここまでの気遣いができるのですよね。

もちろん、上司からの信頼を得た後は、中堅社員になるまでの会社生活の中で、「即決力」「対応力」「忍耐力」「後輩からの信頼」といったものも得なければ、役員への道は開けません。

しかし、まず新入社員で同期から抜きんでるには「報連相」をしっかりとおこなうことです!

わかっていても、何かと忙しかったり、上司の機嫌が気になったりして・・・うまくできないのが報連相なのですよね。

私も、報連相について学び、そして上司の気持ちや立場を考える(上司の視点をもつ)ことができるまではそうでした・・・

みなさんの健闘をお祈りしています。参考にしていただけると幸いです。

 

【参考:会社でグングン出世したい方に!おすすめビジネスアイテム・スキル】

出世する人は視点が違う!

★若手社員も、経営職や管理職の視点を持って仕事に取り組むこと、同期から抜きんでるためのポイントです!手っ取り早く一流ビジネスマンに近づくには、ビジネス雑誌の購読がおすすめ!

 

・一流ビジネスマンに必要な視点やスキルについての特集が多い「プレジデント」を、通勤時間や昼休憩に読むだけで、働き方が変わります!

3大特典つき!ビジネス雑誌『プレジデント』の定期購読

プレジデント購読

 

・特集が多岐にわたり、購読することでビジネスや経済の時事ネタ、さらに国際情勢や政治などにも強くなるのが「ダイヤモンド」です!

書店で一番売れているビジネス誌『週刊ダイヤモンド』


・定期購読ではなく、気になる特集だけを読みたいという方におすすめなのが、オンラインの雑誌書店!

【PRESIDENTも週刊ダイヤモンドも読める!】雑誌のオンライン書店『Fujisan.co.jp』

 

※ちなみに、私は「プレジデント」「ダイヤモンド」「日経おとなのOFF」を購読しています。

会社員時代に最も役立ったのは「プレジデント」です。ビジネススキルに関する特集が丁寧で読み応えがあります。時間がなくてなかなか読書や勉強ができない時期も、雑誌なら気軽に読めて良かったです。

フリーランスになって、クライアント先や経営者の方とお話する機会が増えてからは「ダイヤモンド」が役立っています。とにかく情報量が多いので会話の引き出しが増えます。また、相手からの様々な話題にもついていけるようになりました。

「日経おとなのOFF」は、ビジネスというよりはどちらかというと普段の生活や生き方のヒントが詰まっており、気に入っています。ゆっくりと珈琲を飲みながら読んでいます。

 

★出世した後のことも考えて!今のうちに身に着けておきたい『一流ビジネスマン』のマナーやスキル!

『【世界共通】なぜ一流の人はゴルフが好きなのか?4つの理由』にも書かせていただきましたが、一流のビジネスマンはゴルフ好きが多いです。ゴルフはできて損はなし!

【東京在住の方には、以下2つのゴルフスクールがおすすめ!】

初心者でのんびりがんばりたい方はこちら!どこよりもリーズナブルにゴルフレッスン【サンクチュアリゴルフ】

すぐにゴルフができるようになりたい人はこちら!たった2ヶ月でスコア100を切る!ライザップゴルフ


 

『【一流の趣味とは】一流と出会える3大スポット』にも書かせていただきましたが、一流のビジネスマンはワインを好む傾向にあります。ワインについて勉強するのもおすすめです!

自宅で学べるイタリアワイン通信講座です


※私はこちらの口座の第6期生です!もともとビールと日本酒しか飲めなかったのですが、3年前(会社退職時)に、上司がワインを飲みにつれて行ってくれました。

その時に飲んだ、赤ワイン(カベルネ・ソーヴィニヨン)と白ワイン(リースリング)が美味しくて・・・

ワインの勉強がしたくなったのですが、お店でワインを選べず、かといって店員さんに声をかけられても何だかチンプンカンプンでした。

この講座は、初回にグラスももらえるし、毎月ワインボトル2本が届いて月10000円ちょっとで、私にはお手頃価格でチャレンジしやすかったです。

色々な種類のワインを飲むので、嫌でも自分の好みがわかってきますし、ぶどうの品種や産地も覚えていきます。さらにお店でボトルを注文した時のテイスティングの仕方なども学べて、今ではワインバーに通いまくりです(笑)

 

アドセンス関連広告

-ビジネススキル
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.