医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

老後

【老後の生活】三大不安の原因と解決策

投稿日:2017-02-05 更新日:

【老後リスク】リアル(現実)を知って、適切な対処を!

老後リスク

こんにちは、Michiです。今日は生活レポです。

お金、健康、孤立が、老後の三大不安といわれています。

現役世代のあなたは何が一番不安ですか?ダイヤモンド「老後リスクのリアル」に、3大不安それぞれの克服法が紹介されていました。

今日は、老後三大リスクのリアル(現実)を紹介しながら、適切な対処法についてレポートしたいと思います。

 

【老後リスク】お金だけじゃない!三大不安を徹底解明!

まず一般的なサラリーマンを例に、老後の生活について考えてみましょう。

65歳で定年退職すると、そのあとの生活は「貯金(退職金含む)と年金で暮らす」「元気な限り働く」の2択となります。

これまでなら、多くの方が前者を選びました。

しかし、ここ数年でそんな状況も大きく変わってきているそうです。とにかく老後のお金に対する不安が大きいということでしょう。

最近は、多くの高齢者の方が「70歳くらいまでは、元気な限り働きたい」との希望をもたれているとのことです。実際にシニア世代の方が働いているのを、街でもよく見かけますよね。

実は、お金の不安は複数の収入源を持つことでしか解決できないとも言われています。

高齢者の収入源となると、1つは年金です。複数ということになると、やはり多くの場合「元気な限り働こう」という選択になるのでしょう。

このもう1つの収入源を確保できるかどうかで、精神的な安定度が変わってくるのかもしれません。

 

【老後の不安①】お金

そもそも、なぜこれほど老後のお金に対する不安が大きいのでしょうか。

巷では、老後資金は1億円が必要!などと言われています。

子育てが一段落して、やっと住宅ローンが返済し終わるのが50代として・・それから10年そこそこでどうやって1億円も貯められるというのでしょうか。

そんな目が飛び出るような高額な数字を前にして、このままではダメだと焦ってしまう方も多いでしょう。

その結果、投資を始めたり、リスクの大きな金融商品を購入してみたり・・・最悪は詐欺に騙されてしまう人が後を絶たないですよね。

 

しかし、一度落ち着いて考えてみてください。

この1億という数字は、月額35.4万円を65歳~90歳まで必要、という条件で算出された数字です。確かに60、70代はまだまだ夫婦ともに元気で、子や孫とか出かけたり・・・月々それくらいの出費も必要かもしれません。

しかし、80代で月に約35万円も必要とするような生活を送っているでしょうか。

それに、年金も一応貰えるわけです。自分がどの程度年金が貰えるかをきちんと把握しその分は引きましょう。

※年金受給額の計算

国民基礎年金だけの場合、月6万円程度です。夫婦2人で12万円。この金額を1億円から差し引くと・・老後に必要な自己資金は6400万円です。

サラリーマンの場合は、厚生年金ももらえます。さらに、老後に必要な資金が減りますね。

 

また先ほど指摘した通り、80歳からは7割程度の生活費(約24万円)くらいで十分と考えると・・・

ざっと必要な老後資金は、夫婦で約5000万円となります。

独居の方ならこの7割の3500万くらいでしょう。

「1億」という衝撃的な数字が出回っていますが、全く現実的ではないということがわかるかと思います。

しかも、これはゆとりある老後生活を送る場合の予算です。

普通の生活に換算すると約8割となって、夫婦で約4000万円。サラリーマン家庭では厚生年金ももらえるため、夫婦で2~3000万円くらいの貯金でも十分やっていけるわけです。

退職金が3,000万円くらい出る会社に勤めていれば、退職までに一切貯金が出来ていなくても大丈夫だということです。

「1億」という数字に惑わされて、金融機関からの投資への誘い文句などに安易に乗らないことが大切です。投資に励んだ結果、せっかく貯めた十分な老後資金や退職金3000万円を、そっくりそのまま無くしてしまう人もいるのが現実です。

 

 

このように、実はお金はそれほど大切ではないとなると、もっと大切にすべきなのは「健康」ということになってきます。

【老後の不安②】健康「平均寿命より健康寿命」

今は「平均寿命」より「健康寿命」といわれる時代です。

健康であれば、もちろん医療費はかからないし、さらに退職後もまだ働くことができます。

日本人の死因は、癌、心疾患、肺炎と続き、肺炎は脳梗塞や嚥下障害からくるものが多くを占めるため、実質3大死因は「癌」「心疾患」「脳梗塞」です。

寿命も、現在は男性83歳、女性86歳で、ここからさらに伸びていくということは考えづらいと言われています。

 

その一方、健康寿命はどうなのでしょうか。

日本の健康寿命は、平均寿命から-12歳程度と言われています。そう考えると、結構短いですよね。

定年退職後、あなたが介護などを受けずに一人でも健康に暮らせる期間は、10年もないかもしれないということです。

そう考えると、いかに健康でいるかということが「老後のゆとり」には欠かせないと言えるでしょう。

 

健康寿命を伸ばす秘訣は、「食事管理」と「ストレスをなくすこと」「適度な運動」です。

私の個人的な意見を加えるなら、さらに「過剰な医療を受けないこと」もでしょうか。

 

ストレスを減らすことで、活性酸素の生成が減ります。活性酸素は細胞の癌化を引き起こすため、ストレスフリーはがん予防につながります。

また、万一癌が見つかり、医師が薦めるままに過剰な治療を受けてしまうと、一気に寝たきりになるかもしれません。高齢になってからの医療というものは、まさに健康寿命を縮めるリスクになりうるのです。

そして、次は血管を詰まらせないことです。70歳を越えると、どんな方も血管がつまりかけてくるものです。早い人だと50代から詰まりはじめます。

でもこれは一概に脂質、コレステロールのせいではありません。血管の寿命であり、生理的な現象です。だから、食事はやたらと脂質やコレステロールに気を付ける必要はありません。

バランスのよい食事で、タンパク質など血管を若返らせる栄養素をきちんととることに注力した方がよいでしょう。

そして最後は、適度な運動です。運動することでホルモン分泌を維持し、若々しい血管を保つことができるという効果が期待できます。

 

また、健康寿命と同じ扱いはできませんが、認知症を予防することも非常に重要です。

最近は、血圧が少しでも高いと、降圧剤を飲まされますよね。しかしながら、年齢とともに高血圧になるのも、仕方がないことであり生理現象ともいえます。

むしろ血管壁の柔軟性が劣ってくるので、血圧をあげないと脳に血が巡らなくなるのです。このような生理的な変動範囲内にも関わらず降圧剤を飲むことは、脳への血流を悪化させて、認知症や脳梗塞の発症リスクを高めているという説もあります。

健康のためには、医療に頼りすぎるのではなく・・・食事、ストレス、運動の管理をすることで十分かもしれません。

 

【老後の不安③】孤立「孤独は働くことで解消できる」

では、最後の不安要素「孤立」について考えていきましょう。

独身の人や、配偶者に先立たれた子供がいない人、子供がいてもほとんど接点なく暮らしてきた人、外国など遠方にしか親族がいない人・・・状況は様々だと思いますが、

高齢者の孤立は社会問題になっています。

どんな人にとっても有効な、孤立を防ぐ方法は、お金のところでも出てきた通り「健康な限り働くこと」です。

働くことはお金を得るだけではなく、社会との関係ができることにつながります。その関係を楽しむことで、孤独は解消できます。

定年前は、「働くことはストレスをうむこと」だと考えていたかもしれません。しかし、働くことは、実は人と会話し、つながることなのです。

孤立を防ぐためには、元気な限り働きましょう。そうすれば同時にお金の不安も解消されます。

 

もうお金は必要ない、という方はボランティアもよいでしょうね。

 

実は、一番孤立しやすいのは、長い間ひとつの会社に勤め続け、高い地位までのぼりつめた人の引退後だといわれています。隣近所とも疎遠で、さらに老後資金も十分なので今さら誰でもできるような仕事なんかしたくないと考えてしまいがちだからです。

また仕事一筋だったために、趣味もない場合がほとんどです。その結果孤立してしまうのですね。

最近は孤立高齢者によるトラブルも問題になっています。

いじめ、近隣トラブル、ゴミやしき、万引きなど。

誰かの気を引きたかったり、自分一人ではごみの分別もできず家に溜め込んだ結果だそうです。

さらには、元部下へのストーカー、近所の若い女性への付きまとい、盗聴なども増えているそうです。寂しさをまぎらわすために、猫や犬、鳥などに餌をあげて近所から苦情が殺到ということもありますよね。

こんなおじいちゃんが?こんなおばあちゃんが?・・といった事件やトラブルがよくニュースで報じられています。

「自分はそんな人間じゃない」と思わず、孤立しないための老後プランをたてておくことが大切です。認知症状がでてきたり、孤独で精神的に追い詰められると、若いころの自分では想像もできないような行動に出てしまうこともあるそうです。早いうちからの対策が本当に大切です。

 

老後リスクのまとめ

以上、老後リスクのリアルについてまとめてみました。

老後の3大不安の対処法は下記の通りです。

1.お金

老後資金は1億円も必要ない。せっかく貯めた3,000万円を、金融機関からの甘い誘いにのって手放さないように気をつけましょう。

2. 健康

何でも食べる習慣をつけましょう。そして少しの運動とストレスを溜めない暮らしで、3大死因を予防しましょう。もし、病気が見つかっても、医師のいうままに過度な治療を受けないようにしましょう。健康寿命を意識してみましょう。

3. 孤立、孤独

孤立は働くことで解消できます。どんな仕事やボランティアでも良いので、人や地域と関わるようにしましょう。深い孤独や認知症などにより、本人も想像していなかったような暴走老人に変身しかねません。

老後の生活について、現役時代からイしっかりとメージし、プランニングしておくとよさそうですね。参考にしていただけると幸いです。

【広告】★高リスクな投資は危険!50代までに築いた資産を守るためのファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール体験学習会」


 

★老後お一人様が不安なら!中高年専用のお相手探しサイト
メル友・飲み友・恋人・結婚相手、
希望の相手がすぐ見つかる!【登録無料】


アドセンス関連広告

-老後
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.