医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

老後

【老後破産】予備軍はこんな人!老後破産する人の5つの傾向と今すぐできる対策

投稿日:2017-02-05 更新日:

【100歳まで金持ち老後】安泰老後のために今からできること!

金持ち老後

こんにちは、Michiです。今日は生活レポです。

日経おとなのOFFシリーズで「100歳まで金持ち老後」とのタイトルで、老後破産する人の特徴や、破産しないための対策などがまとめられていました。

老後のお金の心配は本当に深刻ですよね。でも、50代、60代の方も、まだまだ焦らず・・・これからでも十分備えることができます。

今日は、みんなが気になる老後、とくにお金のことについて、しっかりと掘り下げてレポートしたいと思います。

日経おとなのOFF「100歳まで金持ち老後」の内容構成は以下の通りです。気になる方は、現物を入手してくださいね!

金持ち老後②

 

老後破産を回避する基礎知識

今働き盛りの人が読んでほしい内容でした。

どんな行動習慣がある人は、金持老後を送ることができるのか。一方、どんな行動をとっていると貧乏老後まっしぐらか。

500人以上のアンケート結果をもとに、専門家の意見も交えてまとめられていたので紹介します。

 

【老後破産の傾向】老後破産は5パターンに分類される!

金持ち老後③

500人にアンケートをとって分析した結果、老後破産する人には5つの傾向があったとのことです。

その傾向とは下記の5つ。

①ライフイベント破産

②浪費生活破産

③病気・介護破産

④パラサイト破産

⑤熟年離婚破産

 

①ライフイベントと④パラサイト破産は、いずれも子供が原因の破産です。

子供が悪いというわけではなく、親がいつまでも子供を甘やかして、子離れできないことが根本原因でしょう。

子供には20歳(あるいは大学卒業)を機に、遅くとも結婚したら完全に自立するよう、普段から意識付けしておく必要があります。

親として、いつまでもいい格好いい恰好をしないことが大切です。老後資金を差し引いても、まだまだ本当に余裕がある、という人だけ子供や孫に投資できるのです。そうではない人は、とにかくいい恰好をしないこと!

また、子供のニートや引きこもりは専門のNPOなどを頼って解決策をさがすことも考慮しましょう。恥ずかしいと思うばかりに抱え込むと、一生面倒をみることになります。

その結果最終的には子供さんの人生も終わらせてしまうことになりません。自分たちが年老いた頃には、共倒れ確実です。プライドを捨てて、なるべく早く解決した方がよいですが、相談する相手は親戚や近所の人といった身近な人ではなく、専門機関などを頼るのがポイントでしょう。

 

②浪費はどうでしょうか。

これは実は浪費している本人は、自分が浪費してしまっていることに気づいていないために、破産してしまうという場合がほとんどのようです。浪費の自覚がある人は、破産手前で専門機関に相談するなど、手を打つことができるとか。

なぜ浪費に気づかないかというと、初めはほんの少しの贅沢であったはずが、それが積み重なり気がつくと生活レベルが徐々に上がっていき、お金がなくなってきているとわかっていても生活レベルが落とせなくなるからだということでした。

働き盛りで、お給料がたくさんあるときに金銭感覚を狂わせてしまうと、お給料が下がってくる50代、年金以外の収入がない老後も、質素倹約ができなくなるのですね。こういった方は、元はお金持ちだったのに・・・破産へまっしぐらとなってしまいます。

対策は、生活にメリハリをつけることだといいます。

趣味のゴルフだけ、趣味の旅行だけ、食事だけは、少し贅沢してもいい!という風に、お金をかけるポイントを1つか2つくらいに絞って、極度のストレスはためないようにしながら生活レベルを落としていきましょう。

 

そして、精神的にも肉体的にも破産に追い込まれるのは、③病気や介護でしょう。

病気や介護は全く心配の必要がない方もいれば、重くのし掛かってくる人もいる両極端な問題です。

対策は、今の状況にとらわれず、病気や介護の備えとして一律500万円を確保しておくことです

病気や介護でお金がかかるのは間違いないことですが、公的制度で対応できる部分も大きいです。

実際に利用できる公的制度は、

-高額療養費制度

-介護保険制度

-後期高齢者医療制度

-高額介護合算療養費制度

とたくさんあり、これらを利用すれば、金銭的負担は大きく減ります。そのため、老後の生活費とは別に500万を用意しておけばまず安心でしょうとのことでした。

 

最後に⑤熟年離婚です。

極論をいうと、熟年離婚は避けられる余地がある限り避けるべしとのことでした。

その理由は、夫は生活力がなく、妻は経済力がなく、共倒れの可能性が非常に高いためです。

 

対策は、夫婦と言えども適度な距離をとること。決してラブラブ熟年夫婦を目指す必要はないということですね。定年後は夫婦で旅行なんて夢も見ない方がよいとのこと。

お互い一日中家にいて顔を合わせ過ぎないよう工夫するために、寝室を別にしたり、ボランティアや軽い労働に出てパートナー以外の人と話たっりする機会を増やしましょう。

とくに仕事を選ばず少ない収入であっても働き続けることは、家庭外でのコミュニケーションが増えてる上に、生活費の足しにもなるため一石二鳥でしょう。

そして、家で顔を合わせる時間だけ、会話をしましょう。

子供がいたときは子供を通じて会話があったかもしれませんが、独立後は話すこともなくなりがちですよね。会話がない状態で、一つ屋根の下で暮らすというのは精神的に非常にきつく、熟年離婚を考えてしまうきっかけになるとのことです。

大した内容ではなくてもいいので、自分の趣味のこと、日常の些細なことでも話しかけてみましょう。興味がなくとも、ここはお互いに歩み寄る姿勢が大切です。一番よい会話のきっかけは、子供の結婚や孫の誕生でしょうね。自然と会話が増えますので・・・それまでの期間は、とにかく努力、努力です。

 

※老後リスクについてはこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

 

安泰老後のために、今からできる対策

50代、老後に足を一歩踏み入れかけている方々は、老後破産しないために今すぐ対策をとりましょう。

50歳で老後資金0からでも再生できます!また、60歳からの働き方や、おひとりさま老後の準備についてもまとめていきます。

50歳から老後資金を殖やそうと思うと、まず最初に思いつくのは今あるなけなしの貯金を運用して何倍かにしようといった「資産運用」の話ではないでしょうか。

資産運用のメリット・デメリット

最近、老後準備として街中でもよく見かける言葉になりました。

日経おとなのOFFでも、NISA、金券、株主優待など、株の運用に関する知識がまとめられていました。

しかし、私個人の意見としては、50代のみなさまには「資産運用」は不要だと思います。一歩間違えるよ、安泰老後からかけ離れ、老後破産にまっしぐらになる危険があります。

というのも、ご年配の方には銀行も、運用会社も老後不安をあおり、どんどん付け入ってきます。

無茶な運用を言われても、頭の回転が落ち、最新の情報にも疎くなっているために、その話にのってよいのかどうかの判断ができなくなってきます。

若い頃から投資経験があって、自分で口座を開設して、自分でしっかりと銘柄を選んで投資出来る人にはよいかもしれませんが、知識のない素人の方のが銀行の言いなりになって資産運用に手を出すのは、絶対にやめておいた方が良いと思います。

 

資産運用より堅実な生活術を身に着けよう!

そんなリスクをとるよりは、50代で一度家計の見直しをしてみましょう。

主婦の方も独身貴族の方も、ご年配の方も、とにかく皆さん一度やってみると良いと書かれています。

例えば水光熱費の見直し、保険の見直し、クレジットカード・ポイントカードなどの見直しは、家計の節約と安心につながります。その一方で、面倒な手続きなどが必要な作業も生じます。これらを、まだ元気なうちにやっておくことがポイントです。

日経おとなのOFFで紹介されていた、やっておくとよいことを下記に書き出します。

-電力自由化で電気代の見直し

-税金の見直し(控除や、税金、医療費が戻るための手続きの仕方を勉強する)

-クレジットカードの活用

クレジットカードより現金派という方もいると思いますが、クレジットカードがあれば足腰が弱った老後もネットスーパーで買い物できます。税金の支払いなども銀行へ行く必要がなくなります。

また、ポイントやマイルを賢く貯めて、旅行や買い物をするというのは節約になると同時に、老後の楽しみの1つにもなるかもしれません。

高還元で、年会費も無料もしくは格安の最強クレジットカードを1つは作っておくと良いでしょう。

金持ち老後④

おすすめは、

―リクルートプラスカード

―P-oneウィズ カード

―dカード

です。ポイントの還元率が高く、年会費も無料または2000円以下と格安で、持っていることによる負担はほとんどありません。

Michiおすすめはこちら!

★入会金・年会費無料!「イオン」のネットスーパーでポイントも貯まるお得なイオンカード


★安心が一番!うれしい年会費ずっと無料!三井住友VISAカード


★ネット利用ならポイント貯まってとにかくお得!もちろん年会費も永年無料の楽天カード


 

また、少し余裕のある方にオススメは、有料のステイタスカードです。

ゴールドよりプラチナカードをおすすめするとのことでした。(これは私も同意です!プラチナカードは非常に有用です!)

プラチナなんて敷居が高くてインビテーション(招待)がないと持てないと思っているかもしれませんが、実は安定収入がある時に申し込めば、比較的容易に手にすることができます。

以下にインビテーションなしで持てる、年会費も安めのプラチナカードが紹介されています。

金持ち老後⑤

-MUFGカード プラチナ アメリカンエキスプレスカード

-三井住友プラチナカード

-SuMi TRUST CLUB プラチナカード

-セゾンプラチナ ビジネス アメリカンエキスプレスカード

プラチナカードは私も持っていますが、ラウンジ利用やコンシェルジュなどのサービスに加えて、充実の保険制度が付帯しており、特に旅行が趣味の人には便利・安心・お得の3拍子が揃っています。

Michiおすすめはこちら!

★年会費初年度無料!安心の銀行カードなら三井住友エグゼクティブカード


★年会費が20000円と割安のプラチナ!アメックスはステイタスが高くてどこで出しても恥ずかしくない!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカード


★飛行機に乗ることが多い人には断然「ANAアメックスゴールド」がおすすめ!
ボーナスマイル+旅行保険+キャンセル補償+海外手荷物無料宅配+アメックスラウンジ利用可能で、年会費31,000円はお得!

※ちなみに、私はANA提携の一般カードからゴールドカードになり、現在はANA提携のプラチナカードを持っています!

InkedANAプラチナ_LI

とにかく旅行好きにはANA提携プラチナカードは最高です!
全世界の空港ラウンジのほとんどが利用できる「プライオリティ・パス」も無料でついています。

→プライオリティ・パスカードだけ欲しい人はこちら

世界No.1の空港ラウンジサービス【PriorityPass】


 

 

老後に必要なお金を見積もっておこう!

金持ち老後⑥

そして、最後に最も大切な対策です。

老後、自分がどれくらいの収入が見込めるかを知っておくことです。見え辛いかもしれませんが、上に現在の年齢と年収から貰える想定年金額を示しています。

今40代以下の方は、残念ながら想定は難しいのが現状でしょう。あと2~30念もすれば年金制度は大きく変更されてしまっているかもしれないからです。

一方、50代の方はだいたいの目安がつきます。

今50代で、年収500万円の人は、老後に約14万円の年金が受給できます。年収800万円なら約18万円。

妻が専業主婦なら+5万円程度。今50代の夫婦では専業主婦の家庭も多いため、一般的な夫婦で月々19~23万円の収入が見込めるといったところです。今60代の方でも概算はほとんどかわりません。

つまり、20~25万円を越えた部分で、貯金を削っていくことになります。

他に退職金を年金で受給する場合などは、+15~20万円が見込め、合算すると月々35~45万円ということで、子供が独立したあとの夫婦二人なら十分生活できますね。まさにこういった状況にいる50代夫婦は安泰老後がまっていると言えるでしょう。(資産を2倍に増やそうと、投資などに精を出さないほうがよさそうです。)

 

その他の年代の方も、概算式を参考に年金額を計算してみてください。

金持ち老後⑦

そして、まずは年金の範囲で生活できる家計を設定し、貯金は老後の住宅リフォームや、病気や介護資金として確保できるのが理想でしょう。

年金内で家計がまわっていかないなら、先ほどご紹介したような家計の見直しが必要です。

 

【まとめ】金持ち老後のために・・・

以上、今回は少し長くなりましたが、安泰老後のために今からできることについてでした。

老後破産する人は、

「子供が自立・独立していない」

「病気・介護費の備えがない」

「生活水準が高すぎる」

という傾向にあることがわかりました。

 

破産しないための対策は、

「高リスクな投資はしない」

「家計を見直す」

「老後の(年金)収入額を知ってその範囲で生活できるよう生活水準を徐々に落としていく」

ということが大切です。

なるべく早いうちに、子供と相談したり、自分で考えたり、夫婦で話し合ったりしたりしてみてくださいね。参考にしていただけると幸いです。

 

【広告】

★高リスクな投資は危険!50代までに築いた資産を守るためのファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール体験学習会」


 

★老後お一人様が不安なら!中高年専用のお相手探しサイト
メル友・飲み友・恋人・結婚相手、
希望の相手がすぐ見つかる!【登録無料】


 

アドセンス関連広告

-老後
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.