医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

貧困・虐待

【若者の闇】映画「そこのみにて光輝く」は底辺の若者を描いた映画

投稿日:2017-02-05 更新日:

【環境から抜け出せない】若者の成長や苦悩を描いた作品(あらすじと感想)

(写真は公式HPから。音が出るので注意してくださいね。)

こんにちは、Michiです。今日は社会レポです。

池脇千鶴ちゃんが気になってレンタルビデオ店で借りてきました。最近あんまり見かけないですが、自然体で好きな女優さんの一人です。

この映画では、そんな彼女がどうしようもない底辺の女性を演じています。

彼女の性格や行動が底辺なのではなく、彼女を取り巻く環境が底辺なのですね。必死で抜け出そうとして、希望も見えてくるけれども、やっぱり抜け出せない。

そんな若者の闇について、映画のあらすじを紹介しながらレポートしたいと思います。

 

あらすじと感想「目を背けたくなるような女性の人生とは」

主人公は綾野剛が演じる20代後半くらいの青年です。

かつて危ない仕事をしていて、そこで仲間を失い、その過去のトラウマとたたかっているという設定です。簡単に言うと、仕事から逃げ出して遠くの街にやってきたところからはじまります。

そして毎日、何をするわけでもなく・・パチンコをして、家に戻って、を繰り返していました。

ある日パチンコ店で、人懐っこい若造(20代前半くらい)と出会いました。いかにもヤンチャな風貌だけど、笑顔がかわいく、二人は一緒にパチンコ店を出て歩きます。

そしてその人懐っこい若造の家に行きました。

その家に暮らしていた女性が池脇千鶴演じる最底辺の女性です。

若造の姉になります。二人にチャーハンを作ってもってきてくれた姿が、無造作ヘヤーに露出した格好で、青年は彼女に目を奪われたのでした。

 

彼女をとりまく環境

なぜ池脇千鶴演じる、若造の姉が底辺女性なのか、簡単に説明します。

まず、弟である若造は、人を刺した罪で刑務所(少年院?)あがりでした。つまり彼女は犯罪者の姉でした。

そしてそんな刑務所上がりの若造が働ける場所など、なかなかありません。そこを何とか若造の面倒を見てくれているのが、地元では有名な会社の社長でした。

その社長は小さな田舎で権力を持っている男でした。彼女はその男のいいなりとなり、毎晩のように体を売っていたのです。

さらに、若造と彼女の父親は、おそらく精神疾患もちです。セックス中毒で、寝たきりにもかかわらず「おーーい、おーーい」と蚊のなくような声で、彼女たちの母親を部屋に呼んではセックスしていました。

母親がいないときは、彼女が手で相手をしているという悲惨な光景もあります。若造が犯罪者になったのも、彼女が最底辺の環境におかれているのも、親の影響であるところが大きいでしょう。

そして当然のことながら、母親は働いていません。家でひたすら父親の相手をています。つまり、この4人の暮らしは彼女の稼ぎ頼みだったのです。彼女は昼は缶詰工場で働き、夜はスナックで一生懸命働いていました。

 

どうでしょうか?これが彼女の生きている環境です。

私が以前取り上げた「鬼畜の家」という本で描かれている、子供を殺した親たちの特徴を満たしていますよね。(→こちらの記事を参照

彼女は幸い子供はいませんが、子供がいたら虐待といった行動に出ていた可能性もあるでしょう。

 

【彼女の転機】青年と恋をして、弟もつれて実家を出ることに・・・

しかし、そんな彼女がついに心惹かれる人と出会い、愛し合うことを知りました。自分の全てをさらけ出すことができる人でした。

それが、最初にでてきたトラウマを抱えた青年です。

「鬼畜の家」の記事にも書きましたが、子供を殺した親たちも、このようにたった一人でも心を許せる人を見つけることができていたら、子供を殺すことはなかったと思います。

彼女は幸い、そんな人に出会えたのです。

そして彼もまた、彼女に過去のトラウマを話すことで、その出来事を乗り越え、再び働こうと思うところまで回復できたのでした。

 

【若者の闇】ハッピーエンドでは終われない・・最底辺女子の心の闇に迫る

心の闇 診断 に対する画像結果

彼女は社長と縁を切りたいと直談判しに行き、そして青年も再び働くことを決めました。

そして、彼女と弟である若造を連れて街を出ようと言いました。彼女は喜び、若造も喜び、その準備をしていた矢先です・・

彼女を金で買っていた社長が現れました。

彼女の決意は固く、社長を無視します。しかし社長は「弟のこと」をだしに脅迫してきたのです。そして彼女を車に乗せ、人気のないところに連れていきました。

そこで彼女は社長に犯されました。その描き方もまたリアルで、目を背けたくなる光景でした。

 

その日の夜、街では祭りがありました。

社長は地元の権力者です。そんな事件を起こした後にも関わらず、平然とたくさんの人を集めて楽しそうに酒を飲んでいます。

そしてそこで言ったのでした。

「今日も○○を抱いてやったよ。ちゃんとカネ払ってるんだからいいだろ?」と。

笑いながらみんなに話しているのです。

それを彼女の弟が聞いていました。

若造は社長のもとに向かい、殴り掛かるわけでもなく冷静に言いました。

「姉ちゃん、人生やり直そうとしてるんすよ。もうお願いだからそっとしておいてあげてもらえませんか。」

しかし社長は、指を二本たてて言いました。

「この指、まだ姉ちゃんの匂いするぞ」と。

それをきいた若造は手に持っていた凶器(たこ焼き用のトングかな?)を社長に突き刺します。若造は刑務所上がりです。こんなことをすれば、また刑務所に戻ることになったでしょう。

 

抜け出そうとしても、地元や家族からは逃れられない現実

これをきっかけに彼女の人生はまた振出しに戻りました。

「私なんか、やっぱり幸せになれないんだ」

彼女はそう悟ったのです。

「私はこの街で生きていくんだ」

そんな言葉を残して、物語は終わりました。

彼女は、すぐそこまで近づいていた幸せを手放し、結局両親を見捨てて街を出ることもできず・・おそらく青年とはお別れしたのでしょう。

最後の結末までは描かれていませんでしたが、それが彼女のような底辺環境に身を置いてしまった女性の抜け出せない闇だということです。

 

【まとめ】若者の闇に迫る映画「そこのみにて光輝く」

まるでドキュメンタリーをみているようなリアルな映画でした。

世の中、いえ私たちの周りにもこのような女性がたくさんいます。

私は何とか力になれないかと女性(とくに未婚の母)への支援活動をしています。しかし、やはり成人してしまった彼女たちを救うには力不足だということを日々思い知ります。

残念ながら、このような底辺環境で大人まで育ってしまった人は、なかなかその状況を変えられません。

「でも、自分の人生こんなものだから」

「しょうがないよね」

抜け出したいと願っていて、そのための支援を申し出ても、ちょっとした困難や逆境に襲われると、とたんに諦めてしまいます。

誤解を恐れずに言うと、大人になってしまった彼女たちを救うことは非常に難しいです。だからせめて、その次の世代(彼女たちが生んだ子供たち)を救うことで、闇を断つことを目指していくしかないのかもしれません。

若者の闇がリアル描かれている映画、よかったら観てみてください。

 

アドセンス関連広告

-貧困・虐待
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.