医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

健康

【牛乳は効果がない】牛乳は飲まない方がいい2つの理由

投稿日:2017-02-10 更新日:

「大きくなりたかったら牛乳飲みなさい!」これ本当?

牛 牛乳 イラスト に対する画像結果

近年科学の進歩や技術の進歩によって、これまで常識とされていたことが実は全く意味がなかった・・なんて話をよくききますよね。実は「牛乳飲んでカルシウムとって背を伸ばす」もその一つと言われています。いやいや、そんなことない!牛乳は背を伸ばす!だってカルシウムは骨のもとだから!という方、これからの話は半信半疑でよんでみてください。例のTV番組「ほんまでっか」の注釈みたいですね(笑) ※この番組は、「ほんまでっか?」という気持ちで見てください、みたいな・・

 

ほんまでっか?「日本人にとって、牛乳ほど悪い飲み物はない」

牛乳は、漢字の通り牛のミルクですよね。つまり牛が牛の子を育てるために必要な栄養分が含まれているわけです。その成分の中にはカルシウムも含まれていますが、ほかに乳糖もたくさんふくまれています。この乳糖ですが、実は日本人の75%は乳糖を分解して消化吸収するために必要な酵素をもっていないのです。

つまり25%の人は牛乳を飲んでも影響はないのですが、75%の人には乳糖は害になるのです。これは牛乳だけでなく、チーズやヨーグルトなどの乳製品ももちろんです。博打にしては低い確率ですよね。

しかも、ただ栄養として吸収できないだけなら害はないですが、分解できない乳糖がアレルギーの症状を引き起こしているというのですから・・むしろ牛乳は飲まない方がいい食品と言えます。牛乳飲むとお通じが良くなるのも牛乳効果というよりむしろ害なのです。消化されない乳糖たちが腸壁にへばりつき、水分や栄養の吸収を妨げているから便が柔らかくなるのです。他にも乳がんや膠原病などとの因果関係も現在研究されて明らかになりつつあるということです。

みなさん、あれだけ「飲みなさい!」と言われた牛乳が。小学校の給食で毎日飲んでいた牛乳が。もしかすると万病のもとだったなんてことがわかってきたら、ショックは大きいですね。

 

ほんまでっか?「牛乳を飲むほど骨がもろくなる」

これももし真実だとしたら、ショックですよね。牛乳飲むほど骨がもろくなるなんて。でも科学的にほぼ説明できることであり、統計学的にほぼ証明されていることです。

牛乳にはたしかにカルシウムは含まれています。しかしカルシウムとほぼ同じだけリンがふくまれています。さらにマグネシウムは含有量が少ないのです。骨の形成のメカニズムの中で、簡単に言うとリンはカルシウムの邪魔をするもので、マグネシウムはカルシウムの協力をするものです。

はっきりと言えることは、牛乳も魚も全くカルシウムを効率よく摂ることができる食品ではないのです。ただカルシウムが含まれているというだけで、もてはやされているだけ・・というわけです。牛乳飲んでおけば安心!魚食べていれば大丈夫!なんて思っていると骨粗しょう症になりますよ。実際に骨のために意識して牛乳を飲んでいると答えた人の方が、将来骨粗しょう症になる確率が高いという統計学的データは残念ながら出ています。

 

そんな我が家の冷蔵庫にもあります・・牛乳。

そんな我が家にも牛乳はあります。週に500mLのものを1パック程度消費しています。何に使うかというと、ココアに混ぜたり、コーヒーに混ぜたり、お肉を柔らかくするのに使ったり、ホットケーキに使ったり・・・つまりただの食品なんです。決して骨を強くしようとカルシウム摂取のために飲んでいるのではありません。その程度飲むのなら、アレルギーさえなければ、まあ問題ないというのが私の判断です。どの記事でも言ってますが、きちんと学んで、知識を得て、情報を得て、その上で自分で判断する。それが大切だと思います。健康について、ただの噂や習慣、周りに流されるのだけはやめましょう。

 

余談ですが・・結局骨はどうすれば強くなるのか。

カルシウムが含まれていて、邪魔者のリンが少なくて、協力者のマグネシウムが多くて・・そんな食品を食べればいいのです。が、そんな食品はありません。「じゃあ、サプリメントでとるといいのか!」と思った方も気を付けてください。サプリメントは含有量が極端に多く、またその由来もさまざまです。アレルギーなどを引き起こす可能性が十分考えられます。

また、結局のところ体はバランスで成り立っているのです。ホメオスタシス。恒常性です。どこかを集中的に強くしようとすると、どこかにほころびが生まれるのです。

ではいったいどうすればよいか。

食生活としては、まず骨の土台であるタンパク質を毎日とること。そしてできれば乳糖が入っていない魚や納豆などからカルシウムも普通に摂取しておけばいいのです。そして、ビタミンDをつくるための適度な日光浴です。

さらに最も大切なのが、ホメオスタシスです。つまりホルモンです。骨粗しょう症が女性に多いのは、妊娠、出産、そして閉経後に急激にホルモンバランスが崩れるからです。女性は一生のうちにどうしてもホメオスタシスを崩す機会が非常に多いのです。ですから、そのうえにストレスによるホルモン減少や、ステロイド薬(人工的な副腎皮質ホルモン)を使用しすぎない、可能であれば使用しないなど、体内のホルモン環境を整えることを常に意識することが大切です。

 

今日お伝えしたかったのは、やっぱりここ!

健康を考えるなら、きちんと学んで、正しい情報を得て、その上で自分で判断することです。そして特定の食品やサプリメント、薬で健康になれると思わないことです。体はバランスを保っている時が最も健康なときなのです。バランスを壊す原因の多くは、ストレスです。そして意外と多いのが薬なのです。薬というのはそもそもそういうものなのです。骨とは関係ないですが、ぽっちゃり体型で健やかなら無理に痩せない方がいいのです。たばこを吸ってお酒を飲んで、ストレス発散、気持ちよく暮らせているなら無理にやめなくていいのです。どうでしょうか?健康って意外と簡単で、お金もかからないのです。 もちろんこれらも、一つの意見として読んでおいてくださいね。みなさんが自分自身で判断して、健やかな人生を送るための方法を選んで実践してください。

アドセンス関連広告

-健康
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.