医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

ペット・生き物

【犬派か猫派か】賢いのはどっち?イヌとネコの違いを徹底解明!

更新日:

「すごい動物学」から犬と猫の違いを徹底解明!

たまには獣医さんらしい記事を1つ。動物好きの方、雑学王になりたい方、この本結構面白かったですよ。「すごい動物学」動物行動学の専門家の方が書かれた本です。

今回はそんな中から、「犬と猫はどちらが賢いのか?」について、両者の違いを解明しながら私なりの結論を出したいと思います!

そもそもイヌとネコは科がちがいますし、比べる対象としてはふさわしくないですよね。しかしペットとして、人にとっては最も身近な動物であり、よく比較されてしまうんですよね・・

群れるイヌ

犬 群れ に対する画像結果

動物は進化する中で、それぞれの社会構造を手に入れてきました。群れをつくるか、単独で生活するかもその一つです。群れるかどうかは、主にエサをとる能力と生活環境によるといいます。

イヌは、みんさんもご存知のとおり「群れる動物」の一つです。狼の祖先であり、群れで狩りをしてエサを手に入れます。一匹狼といいますが、狼は群れる動物なんですよね。そのため群れからはみ出したオオカミを「一匹オオカミ」と呼ぶのです。

群れることのメリットは、狩りの成功率を高め、より大きな獲物を捕まえることができることです。その一方で、成果はみんなで分けたり、メスや子供など養う動物の数も増えるというデメリットがあります。

群れないネコ

猫 群れない に対する画像結果

ネコはご存知の通り、トラと同じく単独行動をします。そのメリットはエサを独占できることです。しかしながら、イヌとは異なり狩りの成功率は下がります。

群れるヒト

人 群れる に対する画像結果

そして人はというと、サルと同じ霊長類です。序列のある社会でリーダーをつくり群れる動物の一員といえます。

実際に人のほとんどは会社に勤めたり、家族という構造の中に存在し、群れで生活をしています。完全に一人で暮らし、自営業で生計を立てている人も中にはいますが、ごく少数でしょう。ヒトは群れる生き物なのです。

 

ペットのイヌ、ネコはどうか?

ここまでは野生のイヌとネコをみてきましたが、ではペットとして飼われているイヌやネコはどうなのか。

イヌは「飼い主に従順で、意思疎通ができる」といわれますよね。

ネコは「何を考えているかわからない」と言われることが多いです。

これは、動物学的に言って当然のことなのです。ネコは野生のヤマネコを改良したものであり、イヌはオオカミが由来です。

イヌのDNAには、群れるために必要な特性が刻まれています。例えば、相手の表情を読み取る能力。ボディーランゲージでのコミュニケーション。これらは、人が教えるからするのではなく、イヌが人と意思疎通したいと望めば自然とするのです。つまり家族(群れ)として認めているかどうかの証しでもあります。イヌが飼い主の話をきいて、「ん?」と首を傾げたりしているのをみたことありませんか?あの表情は、ネコは絶対しません。そこにイヌのかわいさがありますよね。

一方、ネコのDNAには、単独生活に必要な特性が刻まれています。イヌとは逆に、相手に感情を出さないことです。単独でいるためには、仲間と意思疎通をする必要がないのです。どれだけともに過ごしても人を家族として認めることはありません。あくまで基本は互いを個として尊重しあう関係です。しかしながら、そんなネコが時折飼い主に甘えてきますよね。それは単独では生きていけないと悟っているともいえるでしょう。その飄々とした姿とのギャップが、ネコ好きにはたまらないですよね。

このように見ていくと、

群れる人にとって「賢い」と感じるのは・・

イヌということになるでしょう。

それは、単に人の社会構造に対して、イヌのDNAが合致しているというだけのことです。決して動物学的にネコが優秀でないというわけではないですね。

 

 

アドセンス関連広告

-ペット・生き物
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.