MICHIYOレポ

このブログは全てMICHIYOの体験談のみです。ステマが多い口コミ(レビュー)とは違い、詳細をお伝えします。あくまでMICHIYO目線であることはご了承ください。

資格・教育

【就活】英語ができなくても一流企業に就職する方法

投稿日:2017-02-19 更新日:

【英語が苦手】TOEICなんて受けたことがなくても一流企業に就職できた!

こんにちは、Michiyoです。

今日はビジネスレポです。

もうすぐ新社会人のみなさんが入社される時期ですね。

新入社員のみなさんの特徴は様々言われていますが、一流企業に限って言えばこれはほぼ間違いない特徴だろうというものがあります。

それは「英語ができる人たち」ということです。

近年は、社内公用語が英語になった会社もありますし、入社試験で英語が必須の会社も多くなっています。

とくに一流企業についていえば、英語を含めたSPI試験で足切りされている現実があります。

点数が良くないと面接に挑むことすらできないのです。

すなわち、選ばれた人たちは、みなさん英語がほどほどにできるということでしょう。

履歴書や応募書類にもTOEICの点数を記載する欄がありますからね。

 
「成功するためには、英語、英語、英語・・・」

しかし、一流企業に就職するには、とにかく英語ができないとダメ・・・かというと、そういうわけではありません。

もし、今そんな脅迫観念におそわれている就活生がいたら、その方々に勇気を与えたくてこの記事を書いています。

何を隠そう、私は超一流企業に就職しましたが、英語は全くでした。

私が英語を勉強しない理由は、

「私は英語が嫌いだから」です。

 

私が英語が嫌いな理由

まず、なぜ私は英語が嫌いかというと、もともと暗記が苦手なのですよね。

英語は世界公用語ですから、覚える努力をしないというのは、ただのわがままといえばそうです。

でも、嫌いなことって頑張れないし、多少頑張ったところで圧倒的な成果ってでないじゃないですか。

少なくとも私がどんなに無理して英語を学んでも・・バイリンガルには敵わないですよね。

だったら無理して嫌いなことを大人になってからがんばるより、好きなことを伸ばしたいと思いました。

上の写真は私の愛読書2冊です。

 
私はとにかく日本語が好きなんです。

英語のような規則正しい決まり事だけの言語より、さまざまな言い回しがあって、相手によって言葉が変わる、そんな日本語に魅力を感じるんです。

だから英語の勉強はせず、大人になってから、日本語力を磨く方に力を注ぎました。

最低限の英語力をつけて、何となく社会人として成功するより、美しい日本語(敬語)で社会人としてはもちろん日本人として認められた方が幸せだと、私は思ったのです。

 

履歴書(TOEIC点数)は空欄で!面接ではこう答える!

でもそれじゃあ、一流企業には就職できないでしょ?

応募書類のTOEICの点数を書くところは、どうするの?

という疑問がでてきますよね。

答えは簡単です。

TOEICの点数欄は空欄でいいんです。それでも、一流企業に新卒で内定もいただきましたし、5年働いた後の転職活動の時も、また大手企業に内定をいただきました。

SPIの英語も全然できませんでしたよ。でも、他の一般常識(国語や算数)はほぼ満点の自信があります。

面接については、初めから最後まで、余裕のある丁寧な日本語で回答しました。

学生さんで、ここまで落ち着いて敬語で話せる子は見たことがないと絶賛されました。面接官にそう言わせられれば、こちらの狙い通りです!

だって英語ができる子なんて、今時わんさかいますから、全然印象に残らないと思うのです。

でも若者の話し言葉(日本語)はどんどん汚くなってきています。そんな中、正しい敬語、流暢な文章を話すだけでものすごく印象に残るのです。

なお、TOEIC欄が空白ですが、英語はどうですか?と面接で質問されれば、こう答えます。

「私は英語より日本語が好きで、丁寧な日本語で人とコミュニケーションをとることを大切にしています。そのため、英語は授業で学ぶ以上の特別な勉強はしていません。TOEICも受けたことはございません。」

この答えで、全く問題なしでした◎

ただしそれは、SPIや面接での受け答えで日本語力を証明できたからこそです。

日本語での適切なコミュニケーションができていれば、案外英語などどうでもいいのです。だって結局いくら社内公用語が英語だと言っても、本気で腹割って話すときはみんな日本語なんですよね。

それに、いったん入社してしまえば、日常的に英語をきいていれば自然に身に付きます。

英語を勉強するのではなく、英語耳になる環境に身をおいてしまえるのです。留学しなくても英語耳に・・・なんてラッキーですよね。

 

 

TOEIC900点以上!英会話にも通っている同期を差し置いて、私が一番乗りで昇進した理由

さて、ここまでは主に履歴書と面接という入社までのことについて書いてきました。

ここからは、入社後のことです。

いざ入社できても、英語が話せないと社内での昇進は難しいのではないか?という質問が出てきそうですよね。

実際、昇進にTOEICの点数が設けられている会社も多いのではないでしょうか。

私が入った会社も設けられていました。管理職(リーダーレベル)になるにはTOEIC730点以上が必須。

さらにワンランク上(部長レベル)に進むにはTOEIC800点以上が必須、という目安が設定されていました。

 

しかしながら、私はTOEIC受験経験なしで、どの同期よりも早く昇進しました。

同期は全部署で200人と少しです。

その中で一番にグレード2つ飛び級で昇進したと人事に言われました。将来の管理職候補だと早々と言われていたのです。

結局5年で退職したので管理職にはなっていませんが。

TOEICの目安なんてその程度のものなのです。この先は、制度の高い翻訳機なども出てくるでしょうから、英語がどうのこうのって目安もなくなってくるかもしれませんね。

 

もう一度言います。

入社後にいたっても英語なんてできなくても全く問題ないのです。

 

社内公用語が日本語の会社にいたっては、英語なんて日常使いません。

外国の支店や提携先などと会議するときくらいです。その会議では自己紹介だけはっきりと英語でできればいいのです。

何か聞きたいことがあれば・・英語ができる同期に頼みましょう。もちろん日本語で。

会社で存在感を放っていくには、結局母国語でなければ表現できないような、繊細なコミュニケーションができるかどうかが大切なんですよね。

管理職はその名の通り、部下を管理しないといけません。

その部下はほとんどが日本人です。英語がいくらできても、コミュニケーション力がなければ、部下を丁寧に繊細に管理することなんてできないのは明らかですよね。

英語も話せないようじゃ、部下に示しがつかないって?

だから自己紹介だけは英語ではっきり堂々とできるようにするのです!

詳しいところは同期や後輩を頼る。年上の部下がいる場合なんていいですね。

その方々が英語が得意ならむしろどんどん頼っていきましょう!年上部下を立てる大チャンスです。

 

【まとめ】就職や昇進で、英語より大切なこと

みんな持ちつ持たれつ・・組織に属してやっていくとはそういうことです。

仕事は一人で完結しません。

だからできる上司は、決めるところは決めて、他は部下をたてるのです。

そう考えると、英語ができないことは、管理職とむしろマネジメントに有利だったりするのです。

他にITに疎いとかもいいですね。なんでも一人でできてしまうスーパー管理職は実は反感を買いがちで、組織としてまとまりを作ることができなかったりします。

もう一度言いますが、組織の一員である以上、持ちつ持たれつです。

私は転職した今の会社でリーダーになりました。管理職の卵ですね。

持ちつ持たれつ・・これは常に意識しているところです。

みなさん、英語だけが就職や昇進で大切なものだという思い込みを捨ててみてください。

そもそも英語なんてライバルもみんなやっています。みんなやってることを苦手な人がやったって太刀打ちできません。

一流企業への就職や早い昇進をめざすなら、いっそ開き直ってあなたらしさを磨いてみるのもいいかもしれませんよ。

参考にしていただけると幸いです。

-資格・教育

Copyright© MICHIYOレポ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.