医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

旅・グルメ

【京都・湯の花温泉】穴場のおすすめ温泉「翠泉」

投稿日:2016-01-30 更新日:

【京都の奥座敷】湯の花温泉のおすすめ宿をもう一軒!

翠泉③

こんにちは、Michiです。今日は旅レポです。

以前紹介した「湯の花温泉」すみや亀峰菴さんのすぐ近くにあるお宿「翠泉」さんに行ってきたので、レポートしたいと思います。(公式HP→京YUNOHANA RESORT 翠泉

立派な門構えで、いかにも高級なお宿感がでていました。同じ湯の花温泉の高級宿ですが、すみや亀峰庵さんは子連れでも大丈夫ですが、今日ご紹介する「翠泉」さんは、小学生以下の子供は宿泊できません。

見た目も、サービスも、お料理も、温泉も・・・まさにすべてが大人のための高級宿といった雰囲気でした。

 

【和のオーベルジュ】料理が自慢のこじんまりとした高級宿

今回は、残念ながら台風が襲来して大雨の日に訪問することになりました。

湯の花温泉がある京都の亀岡は、山を越えたところにあり、まさに奥座敷です。台風などの大雨の日は、お宿に周辺の道路状況などをよく確認してから向かわれることをおすすめします。

私たちも、道路が通行止めになっていないことを確認して、車で向かいました。

到着すると、まさに土砂降りの大雨の中、傘を持って車のところまでお迎えにきてくださいました。

「和のオーベルジュ」と呼ばれているこのお宿。部屋数も少なく外観もこじんまりとしていました。

 

【お部屋】全室お風呂つきの和洋室

翠泉④

お部屋は全室客室露天風呂つきです。新しいお宿のため、どの部屋も和モダンできれいですね。全室ベッドになっています。

今回私たちは、和洋室のツインルームを予約しました。

お部屋の広さはランクによってさまざまですが、どの部屋も座り心地の良いソファセットとお茶菓子がおかれています。

私たちはスタンダードツインのお部屋でしたが、ダブルサイズのベッドが二つ並んでおり、1つのベッドで一緒に眠ることもできるくらい十分な広さでした。本当はダブルルームが希望だったのですが・・・ツインしか空いていなかったため仕方なく・・・です。

 

大浴場もシンプルモダンで心地よい!

翠泉⑦

客室露天風呂がついていますが、もちろん大浴場もあります。

平たいお風呂なんで、「よっこらしょ」と入るタイプではなくて、下に彫られているタイプの湯釜で、視界が広くてよかったです。

ほぼ満室のはずなのに、お風呂は貸し切り状態でした。

いつも思うのですがどうしてこういう宿ってお風呂で誰にも会わないのでしょう・・(いつも私たちは到着が遅いからでしょうかね?

今回ものんびりゆっくりとお湯につかることができました。

 

【和のオーベルジュ】お料理は最高♡

翠泉⑥

温泉のあとは、もちろん夕食です。

和のオーベルジュということですから、食事はこちらのお宿の目玉です。

お食事は残念ながら部屋食はなく、どの部屋のどのランクでもレストラン食のみです。でも完全個室なので居心地はよかったです。

夕食は京料理懐石で、味は濃い目でした。ビール、日本酒、ワインによく合うお料理ばかりでした。

日本酒ソムリエ?の方もいて、それぞれのお料理にあうお酒を薦めてくださいました。味もいうことないですが、とにかく目で楽しませてくれる懐石でしたね。

翠泉⑩

翠泉⑨

ちょうど祇園祭の時期だったこともあり、粋な飾付けがされていたり、一品一品丁寧に説明しながら出していただき、とても楽しい夕食でした♡

翌朝の朝食も同じ個室で、大満足の内容でした。

翠泉

 

食後はラウンジでひと休憩!

翠泉②

私たちはいきませんでしたが、食後や湯上りはラウンジでのんびりくつろいでいる方も多かったです。

こちらではコーヒーなどがフリーでいただけるようです。

座り心地のよさそうなゆったりしたソファや、雑誌などが充実していました。

私たちは、お部屋のソファもベッドもお風呂も十分リラックスできるものだったので、お部屋でのんびりしました。

翠泉⑧

ラウンジだとどうしても周囲の目があって、2人の時間を満喫できないですからね。

それになんといっても、お部屋ではバスローブでくつろぐことができるのが最大の魅力です。温泉につかって、ビール片手にバスローブ姿で読書・・・

毎日いそがしくしていたので、こういう時間が最高に癒されます。

 

【チェックアウト】気になる宿泊料など

翠泉⑤

あっという間の1泊2日でしたが、十分癒されたので帰りましょう。

チェックアウトはフロントでささっと済ませるタイプでした。高級旅館だとチェックインだけではなく、チェックアウトもロビーのソファで行えることも多いですが、おちらのお宿はそこまでの人手はないといった印象でした。

気になる宿泊代は、一人3万円弱+お酒代で、約7万円でした。

お料理が豪華で、お部屋もきれいで快適なのでこんなところでしょうか。サービスも気になるところはありませんでした。

最後に少し残念だったのは、チェックアウトして帰ろうとしているのに靴がでていませんでした・・さらに見送りもなかったです。(おそらく人手が足りていなかった模様。満室でしたので・・・仕方がないかな。他の日はそんなことはないかもしれません。)

でも、帰り際にアタフタしているのを見ると、ちょっとお宿全体への印象が残念なものとして記憶されるので・・・頑張って欲しいですよね。

この価格帯なら、最後は数名の方が手を振ってお見送りしてくださるお宿がほとんどですので。

 

【まとめ】和のオーベルジュ「湯ノ花温泉 翠泉」宿泊記

以上、京都の奥座敷「湯ノ花温泉」の宿泊記・第二弾でした!

→第一弾は子連れで行ける高級宿「すみや亀峰菴」さんの宿泊記です。よろしければチェックしてください!

大阪から車で1時間、能勢の山を越えてたどりつく京都の隠れ家温泉「湯の花温泉」は私のお気に入りスポットです。

大雨や雪の時は大変ですが・・・それだけ自然豊かなところで癒し効果が抜群です。近いので関西在住の方なら仕事終わりにでも行けますしね!

ぜひ、行ってみてください!参考にしていただけると幸いです。

【じゃらんネット予約】翠泉

【一休.com予約】翠泉

【楽天トラベル予約】 京YUNOHANA RESORT 翠泉

 

アドセンス関連広告

-旅・グルメ
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.