医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

旅・グルメ

【新大阪駅すぐ】ホテル「コートヤード・バイ・マリオット」宿泊体験レポ

投稿日:2017-04-16 更新日:

新大阪駅からほぼ直結(渡り廊下で移動可)の高級マリオットホテル

コートヤード新大阪②

こんにちは、Michiです。今日は旅レポです。

ビジネスや旅行で大阪に来られる方の中で、新幹線や特急を利用される方は絶対に使うのが新大阪駅ですよね。

JR大阪駅(梅田)まで一駅ですし、アクセスも良いためホテルも多いです。

今回は彼が東京から一晩だけ遊びに(飲みに)大阪に来るというので、翌日帰りやすい新大阪駅で宿泊することにしました。

ホテルがたくさんあって迷いましたが、こちらのマリオットホテルに決めました。(写真は公式HPから)

というのも、前日にお部屋をさがしたのですが、金曜夜だからかほとんど満室で・・・でも・・・こちらのスタンダードルーム(キングベッド)の1部屋が空いていたのでラッキーでした。

 

【コートヤード・バイ・マリオット】外観やアクセス

こちらのホテルはもともとあったホテルを、あの有名なマリオットが買い取って全面改装されたホテルです。

そのため建物は古いですが、外観も内装もすべてリニューアルされているのでとてもきれいです。

新大阪駅からも北口2階から歩道橋で直結しているので、アクセスも非常によく、大変利用しやすいホテルとしてやや余裕のあるビジネスマンや、外国人旅行客に人気が高いです。

※外国人旅行客の中でも、アジアからの団体客で見かけず、個人旅行の欧米系の方がほとんどでした。

 

【内観】ロビーは天井が高く、洗練された空間!

コートヤード新大阪④

ロビーにはおしゃれなソファが置かれていて、天井も高く洗練された雰囲気でした。

フロントには担当者が3名いたのですが、こちらのホテル宿泊客のほとんどが外国人のため、お客様それぞれの対応時間が長い印象をうけました。

チェックインやチェックアウトの時間には余裕をもって動いた方が良さそうです。

それにしても、入り口を入った瞬間、まるで日本じゃないみたいでしたね。旅行客というよりは、ビジネス関係で日本に来られているのかな?という欧米系の方が多くいらっしゃいました。

スーツやビジネスカジュアルな格好をされた方が目立ちましたね。

受付では、名前を告げてディポジットのクレジットカードを見せて、サインすればOKでした。

 

【お部屋】4~7階 スタンダードルームに宿泊

コートヤード新大阪

今回は前日予約で、金曜日ということもありこちらのお部屋しか空いていませんでした。このお部屋に大人二人と、私の子供1人の計3人ですからやや手狭でしたね。

でもお部屋は30mm2ありますし、ベッドもキングサイズで十分ゆったり眠れました。

ソファはなく、テーブルセットのみでイスが2脚だけだったので、全員座れなかったのは少し残念でした。

あと窓から、新幹線と地下鉄が見えて子供はものすごく喜んでいました!電車(とくに新幹線好き)にはたまらない立地かもしれません。

また、こちらのホテルにはエグゼクティブルームやスイートルームも用意されていますので、もっとゆったりとしたお部屋が希望の場合は、早めに予約しておくことをおすすめします。(もちろん料金はお高くなります。)

 

HPや宿泊サイトになかなか情報がないバスルームについて少し書いておきます。

コートヤード新大阪⑤

まず、アメニティは高級なものがきれいに箱詰めされておかれていました。さすがマリオットです。

部屋着はパジャマのみでしたが、高層階やラグジュアリールームだとバスローブなどがあるかもしれませんね。

トイレや洗面台は一般的な広さで、清潔感は問題なし。

 

バスタブは、3人で入るのは少し難しい大きさで、家のバスタブと同じくらいの大きさでした。清潔感などはもちろん問題なしです。

シャワーヘッドは大きくて使い勝手の良いものでした。シャワーカーテンはなく、ガラス扉がバスタブの半分までありますので、それを閉めると、トイレや洗面部分に水がかからないようになっていました。

もう少しバスタブが大きいと嬉しかったのですが、まあこんなものかなといったところです。

HPではスイートルームのバスタブの写真しか掲載されていなかったので、その写真をみて期待しすぎないようにご注意ください。

 

朝食は1階(ロビー横)のダイニングで!

コートヤード新大阪⑥

こちらのダイニングも、天井が高く、一面ガラス窓で開放的な素敵な空間でした。

テーブルとイスが所狭しと並んでいますが、天井が高いからか、とくに狭く感じることはなかったですね。

朝食時も、やはり見渡す限り外国の方しかおらず、スタッフの方々は基本的に英語での会話が中心のようでした。

私がお料理を注文しようとした際も、英語で応対されました(笑)どこの国の人に見えたのかな?

お料理は、洋食、和食がそろったバイキング形式で、とても質の高いものが多かったです。

 

コートヤード新大阪⑦

こちらのオープンキッチンでは、オムレツや目玉焼き、スクランブルエッグなどの卵料理と、ワッフルやフレンチトーストを作ってくれます。

テーブルに番号が書かれた木の棒みたいなものが置かれているので、あらかじめそれを持って並び、食べたいお料理をオーダーすればテーブルまで運んでくれます。

オムレツは、中に入れる具材を10種類から選ぶことができ、とても豪華で美味でした。

飲み物も、搾りたてのフレッシュジュースや、各種ソフトドリンクがそろっていました。コーヒーや紅茶はきちんとテーブルまで運んでくれましたよ。

大変満足のいくモーニングブッフェでした。この内容で大人一人2,400円です。なかなかのお値段ですが、ゆっくりと朝食をとるならアリかなと思います。(モーニングは前日予約が必要です。)

 

チェックアウトとお会計

朝食を終えて、チェックアウトは10:00でした。

とくに混雑もしておらずすぐに対応していただけました。

今回の宿泊代は1室28,000円ほどでした。そこに朝食代が約5,000円追加で、合計33,000円ほどのお支払いとなりました。

このクオリティーでこのお値段は、まあ納得といったところです。新大阪駅に泊まるときには、また利用したいホテルです。

 

【まとめ】コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション

以上、新大阪マリオットホテルの宿泊記でした。

新大阪界隈も、少し歩くと危険な場所もありますので、駅からほぼ直結で行くことができるというのは良いですね。

エグゼクティブ層のビジネスマンや、外国の方が多く、とても落ち着いた雰囲気で良かったです。

一方で、私のような子連れでも快く宿泊させていただけました。子連れ旅行や女性一人での出張・旅行の際にも、安心できておすすめのホテルです。ぜひ利用してみてください。

参考にしていただけると幸いです。

【じゃらんnet予約】コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション

【一休.com予約】コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション

【楽天トラベル予約】コートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション

 

アドセンス関連広告

-旅・グルメ
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.