医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

教養・雑学・時事・レビュー等

【北朝鮮ミサイルの影響】米朝が開戦したら日本はどんな攻撃を受けるのか?

投稿日:2017-04-25 更新日:

日本には危険球スレスレのボールが飛んでくるか!?

1493205297134

北朝鮮とアメリカのにらみ合いが続いていますね。北朝鮮は米国や日本への挑発を強めていますし、中国への名指し批判もしています。

世界中が北朝鮮への制裁を強めているなか、切羽詰まった北朝鮮は何をしでかすかわからない状況となってきました。

そんな北朝鮮と戦争する気がマンマンなのはアメリカです。

もしも、米朝戦争が開戦したら・・・日本にはどのような影響が出るのでしょうか?

 

これに対して、防衛アナリストの方は「危険球スレスレが日本に飛んでくるだろう」と予測しています。

 

まず、アメリカと北朝鮮の軍事力を比較したとき、両者には圧倒的な差があるとされています。つまり机上論では、超短期戦でアメリカが勝つという予想が一般的でしょう。

実際にアメリカは、クリントン政権時代に「作戦計画5026」というものを作成しており、それによると、北朝鮮の核施設や大量破壊兵器、主要軍事拠点等を一斉に空爆し、数日間で致命的な被害を北朝鮮に与えようと言うものだそうです。

しかし、ブッシュ政権時代には新たな「作戦計画5030」が策定されています。その内容は、米国が定期的に北朝鮮への偵察飛行や軍事演習を仕掛けることで、北朝鮮の軍事力(兵員、燃料、食料備蓄、装備など)を消耗させ、報復へと追いやろうというものです。

 

 

今のアメリカの動きは、この「作成計画5030」が実行されている状況とも言えるでしょう。つまり、アメリカとしては「超短期決戦」より「にらみ合いの長期化」を現状では選んだことになります。

 

これは日本にとっては危険な状況が続くことになります。

もしかすると、日本にとっては悪夢のシナリオとなりうるのです。

米国の圧力に対して、北朝鮮はありとあらゆる方策で圧力を弱め、アメリカの戦意を低下させようとするでしょう。

その方策の一つには、「同盟国の離反」をもくろんでくるはずです。同盟国とは、いわゆる韓国や日本ですね。同盟国を混乱に陥れ、離反させる方策として、北朝鮮が手を出すことはいろいろと考えられます。

 

サイバー攻撃

サイバー攻撃はシラを切れるという点で、国際的な制裁を回避できる可能性が高く、最も手を出しうる戦略の一つでしょう。

実際に韓国は2013年に、金融機関が北朝鮮と思しきサイバー攻撃を受けてATMなどがうごかなくなり、何と860億円以上もの経済的損失をだしています。

日本でこのような攻撃を受けた際、その被害は相当なものになるでしょう。送電システムや金融システムへのハッキングや、絵空事ではありません。

 

デッドボールになりうる危険球(ミサイル)が飛んでくる

もう一つ、可能性として高いのは日本近海、あるいはもしかすると日本本土へのデッドボールになりうるミサイルが飛んでくる可能性です。

北朝鮮としては牽制球の名目でのミサイルかもしれませんが、飛距離などは正確ではなく、とおすればデッドボールになる可能性は大いにあります。

日本では既に北朝鮮からのミサイル速報を国民に発信する用意をしていますが、いざミサイルがとんできたら・・・私たちは何もできないでしょう。

 

やはり、北朝鮮と米国の軍事的緊張を高めすぎないようにするしかありません。

日本にとっての脅威は、米朝戦争の開戦よりも北朝鮮の緊張が高まることによる「神経戦」の方なのです。

では、日本にとってはどちらかといえばありがたい「短期決戦」の作戦にアメリカが切り替えたら、日本はどうなるのか・・・

 

アメリカの本気度は在韓米人への避難警告を出すかどうかで見極めろ!

1493205356953

米朝戦争の開戦は、アメリカとの約束で事前に日本に知らされることになっています。

しかしこの事前とはどれほど事前かというと、「30分前」になる可能性が高いそうです。そりゃそうですよね。事前に知らせてしまうと、相手国北朝鮮にも伝わってしまいますからね。

 

ということで、「30分」で何ができるか?

 

何もできないですよね。

とりあえず、頑丈な建物の中に入る。

電車や車などの乗り物をストップする。

 

そういった最低限の準備しかできません。

 

では、30分より前にアメリカの本気度をつかむにはどうすればよいか?

まずは、北朝鮮の影響を最も受けると考えられる韓国へのアメリカの配慮に注視すべきでしょう。韓国には在韓米国民がいらっしゃいます。

彼らが韓国脱出を図り始めたら・・・それは米国から避難指示が出たということです。実際に過去にアメリカは在韓米軍の家族や、在韓アメリカ人に避難指示を出したことがあります。

さらに、今年6月には、避難訓練を行うことが決まっています。

この避難訓練には、様々な憶測が飛び交っていて・・・訓練と見せかけて米国民を韓国から脱出させる目的があるのではないか?

その隙にアメリカが北朝鮮に空爆して、一気に攻める可能性があるといったこともいわれています。

ひとまず6月ごろのアメリカの動きには要注意ですね。

 

また、このままにらみ合いが続いた場合は、日本へのサイバー攻撃とミサイル攻撃にも注意が必要です。

いつ何があるかわからないのが人生です。北朝鮮の攻撃を恐れてずっと頑丈な建物の中に閉じこもっているわけにもいきません。今を精一杯楽しんで生きるしかないですよね。

 

アドセンス関連広告

-教養・雑学・時事・レビュー等

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.