医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

その他(ビジネスレポ) ビジネスレポ

【一流の趣味】なぜ一流の人はゴルフが好きなのか?4つの理由とは

更新日:

安倍さんもトランプさんも!会社社長も!リーダーはなぜゴルフが好きか?

一流の趣味

こんにちは、Michiです。今日はビジネスレポです。

プレジデント「一流の一週間」で一流の人は休日どんなことをして過ごすのかについて書かれていました。

その中で頻出したのが「ゴルフ」です。

なぜ名リーダーたちはゴルフが好きなのか?その答えについても記事になっていたので紹介したいと思います。

私の意見としては、「みんなやっていて、体力がなくてもできるからじゃないの?」とおもっているのですが・・・(笑)

だって、名リーダーでも40代くらいの若い人は、トライアスロンにはまっている人もいれば、フットサルにはまっている人もいれば、登山にはまっている人もいるじゃないですか。

でもこういったハードなスポーツは60代や70代になると続けるのが難しくなるし、何より日頃から体力造りや練習が必要とされます。もちろん競技中に楽しくおしゃべりなんてこともできないから、接待なんかにも向かないですよね。

その点ゴルフは、おしゃべりもできるし、体力もいらないし・・・ちょうどいいんじゃないかなと。

まあ、私の意見はおいておいて、記事ではいろいろと説明されていたので、ご紹介します。

 

名リーダーがゴルフ好きな4つの理由

一流の趣味②

社長300人アンケートから見えてきた、名リーダーがゴルフをたしなむ理由は4つもあるということです。順番にみていきましょう。

  1. ゴルフは会社経営の疑似体験ができるから
  2. スポーツしながら会話ができるから ←やっぱり!
  3. エスタブリッシュメント(特権階級)であることの象徴だから
  4. 適度に疲れて健康に良いから ←やっぱり!

2(プレー中おしゃべりできること)と4(そんなにしんどくない)は私の予想通りなので、残りの二つを見てみたいと思います。

 

1. ゴルフは会社経営の疑似体験ができる!?

一流の趣味③

ゴルフは、すすむべきコースを自ら切り開き、見極める判断力と、長時間のプレーに耐える集中力を要するスポーツだそうです。

またプレーは一人で完結できます。

これらの力は、会社経営で成功を収めるのに必要な力であると同時に、経営者としてのビジネスの醍醐味でもあるとこと。

つまりゴルフは、決まったコースを進むトライアスロンや、チームワークで成し遂げるフットサルなどとは性質の違うスポーツということですね。

そのためゴルフを楽しめるということは、時に孤独に、時に仲間とワイワイしながら、自ら道を切り開いていくことを楽しめる性格であるということ。

それはすなわち経営者にむいているということにつながるのでしょう。

ゴルフのプレースタイルをみれば、その人がどんな経営者かわかる!なんてことも言われるそうです。

私はゴルフに疎いので(かじった程度なので)、そんな目で人のプレーをみたことはありませんが。そんなことを考えながらプレーできるほどの余裕が出てくるとちょっと楽しそうですね。

 

ゴルフとは関係ないですが・・・好きなスポーツを考えてみると、フットサル好きは組織の中間管理職とかが向いてそうな気がします。

わたしのようにマラソンやトライアスロン好きは、決まったコースをひたすらコツコツとすすみ、その中で新しい発見や精神力を鍛えることに醍醐味を感じるタイプで・・・たぶん技術者なんかに向いているタイプなのだと思います。

私は一応10年ほど研究に携わってきましたが、研究も結構向いていたのかもしれないです。研究って、全く新しいものを探し当てるというようなイメージをもたれるかもしれませんが・・・

結局はじめは誰かの踏んだわらじを進んでいくんですよね。しかしその過程で異なる結果がでたり、新しい発見があったときに、そこにいかに拘って深堀できるかといったところが重要ですから・・・

ゴルフのようなスポーツを好む性格の人には向かない気がします。

登山も、マラソンなどと同じようなものではないでしょうか。

 

 

と、少し話が逸れてしまいましたが・・・もう一つの理由もみてみましょう。

4. エスタブリッシュメント(特権階級)であることの象徴!?

一流の趣味④

エスタブリッシュメントとはすなわち武家・貴族など特権階級の人のことをいうようです。

たとえば日本だけでなく、裕福な華僑の間では、息子を立派に育てるための3つの要件として、

「留学させること」

「金融業で働かせること」

「ゴルフのシングルプレイヤーにさせること」

ということが言われているそうです。

華僑に限った話ではなく、海外のエスタブリッシュメントたちは、ゴルフをたしなむことを人生の重要なことの一つにおいています。

つまり日本の名リーダーたちがグローバル展開を視野にいれるためには、ゴルフは必須スキルのようなものということでしょう。

しかしこの理由は、今の経営者たちの考えでもあると言えますよね。私の周りの若い世代の会社経営者などはゴルフをたしなんでいる人は、それほど多くないようにも思います。

 

まとめ:なぜ名リーダーたちはゴルフ好きなのか?

なぜ名リーダーたちがゴルフをたしなむのか?という問いに対する私の予想は、4つの理由のうちの二つに当てはまっていました。

他にもっと重要な理由が二つあったみたいで、この記事はなかなか勉強になりました。

私はこれからもゴルフをしたいとは思いませんが、ゴルフをしている経営者たちのプレーをみてみたな・・・という気持ちにはなりましたね。

みなさんも経営者として世界にはばたく夢をお持ちなら、ゴルフは必須スキルとして取り組んだ方が良いかもしれません。し、もうこれからの世界では必要のないスキルなのかもしれません。

→ゴルフ業界でおこった詐欺についての記事はこちら

アドセンス関連広告

-その他(ビジネスレポ), ビジネスレポ
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.