医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

人間関係

【麻生太郎の野望】麻生太郎が半径2mの男と呼ばれる理由とは?

更新日:

【麻生太郎の意外な魅力も】「半径2メートル男」の野望

20170505_065023

プレジデントに「半径2メートル男」の野望という記事があり、なぜかそこに麻生さんの写真がのっていたので、、は??となりました。

なんで、麻生さんが“半径2メートル男”なの?と。

読んでみると、半径2メートルとは、麻生さんの気さくさ、人間性を意味しているようです。

麻生さんって、いいところのおぼっちゃんなんですよね。実際んい実家の会社社長を経て、政界入りし、一時は総理大臣までのぼりつめました。

しかし、印象としては「お腹痛めて、大臣を降りた安倍さんのかわり」であり「政権を失った人」というあまり良いものではありません。

様々な読み間違い(言い間違い)や、失言もありましたし、どちらかというと嫌われ者のイメージではないでしょうか。私の元カレなんかは、口がひんまがっているから嫌と言語道断だったのを思い出しました(笑)

 

しかし、実際に麻生さんに会ったことがある人は、麻生さんのユニークで話しやすい人柄に非常に好感をもたれるそうです。テレビなどのブラウン管を介しては魅力は伝わらないが、半径2メートルに近づけばその良さがわかる・・・ということで「半径2メートルの男」と呼ばれているそうです。

 

と、ここまで“半径2メートル”の由来について書いてきましたが、今回の記事のテーマはそこではありませんでした。

そんな半径2メートル男が、何やら大きなことを画策しているというのです。

 

その画策案とは、どのようなものか?

なんとここ最近は周囲に「野党がダメだから、党内で類似政権交代が必要」としきりに言っているそうです。

その中身は、同根の麻生、谷垣、岸田の3派閥を一本化し、安倍一強に対抗しようということをもくろんでいるとか。

麻生さんは「一強だとやがて独裁になる。」と現在の状況に警鐘をならし、その仲間をつのっているようだが、いかんせん今麻生さんは安倍さんと近しい関係を維持しています。

したがって一本化しようにも、谷垣・岸田の2派閥からの信用を得られず苦戦しているようです。まずは麻生さん自身が、安倍さんと決別することが必須のようですが・・・

果たしてどうなるのか。

 

実は麻生さんは、皇族の親族も多く、安倍さんとも遠い親戚という間柄です。そのような間柄で、訣別となるとなかなかの覚悟が必要になることは間違いないでしょう。

そして、谷垣さん、岸田さんも含め、何より麻生さんの好感度UPをまずは図らなければ・・・国民からの支持は得られそうにないでしょうね。

 

ぜひ、半径2メートルに多くの人々を誘い込むような活動をすべきでしょうね。

 

実際私の知り合いには麻生さんと2メートルといかないまでも、まあまあ近くで見たことがあると言う編集者に勤める子がいるのですが・・・「めっちゃオシャレ」「スーツの着こなしが別格」と褒めちぎっておりました。

さあ、麻生さんがこれからどう動くのか。今後の動向を楽しみにしたいと思います。

 

アドセンス関連広告

-人間関係
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.