医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

家事・仕事

【小1の壁】働くママにとって最も辛い時期とは

更新日:

1年生になったら・・・子供も大変。親はもっと大変。

小学生

こんにちは、Michiです。今日はママ(子育て)レポです。

私は何を隠そうシングルマザーです。もちろん働きながら子育てしています。子供が0歳2か月からずっとワーキングマザーです。

そんな私は、子供が小学生になるのを心待ちにしていました。

保育園や幼稚園は送り迎えが必要で、とにかく朝も帰りもバタバタでした。小学生になると、自分で歩いて行って帰ってきてくれる・・・これで少しは生活が楽になるかも…と思っていたのです。

もちろん「小1の壁」なんて言葉は知らず・・・

でも、現実は甘くなかったです。まさに小1の壁に悩まされたのでした。

 

小学生は自分で行って帰ってきてくれる

先ほども書きましたが、小学生になると送り迎えがなくなります。これをものすごく嬉しい&楽なことだと考えていました。

しかし、それは完全な間違いでした。

小学校高学年くらいになると大丈夫かと思いますが、一年生って何もかもが心配なんです。送って迎えていた時の方が、まだゆっくり仕事ができていました。

幼稚園に戻りたい・・・心底そう思いましたね。

4月の1週目で、私は早くも挫折しそうになりました。その理由をつらつらとレポしたいと思います。

 

入学早々、色々と問題が・・・

小学生②

①朝のトラブル(遅刻・忘れ物)

まず、毎朝ちゃんと間に合うように家を出ているはずなのに、なぜか連絡ノートに「もう少し早く来るように」と担任からメッセージが書かれていました。

どうやら、のらりくらり友達とおしゃべりしたり、立ち止まったり…はたまた草むしったり、虫つかまえたり、鳥に話しかけたり・・・と。カメより歩みが遅いのです!!

そんなこんなで、時間通りに学校にいけていないことがわかりました。

さらに、私が先に家を出た日は、ランドセルの横に上靴とか体操服とか、持っていくもの全部用意しておいているのに・・・もっていかない。ランドセルだけ背負って行ってしまうのです。

結局忘れ物もひどいと連絡ノートに書かれてしまいました。

そんなこんなで、毎朝荷物を全部持ったか確認して、子供をきちんと送り出してから自分も家を出ないといけないことになりました。

小学校の門が開くのは8:00~8:20の間だけです。7:50に毎朝家を出ていくので、これまでより出社がぎりぎりでバタバタしないといけなくなりました。(幼稚園は、7:30から預かりがありました。)

 

②帰りのトラブル(寄り道)

さらに帰りは心配です。ちゃんとまっすぐ帰ってきてるだろうか…ちゃんと家に着いてかぎをかけているかな…宿題してるかな…

お迎えに行かなくてよくなった分、楽になったかというとその逆です。

心配で、もうすぐ家に帰ってくるであろう17時頃からは、気になって気になって仕事にも集中できません。

(実際うちは小学校に行きはじめて1ヶ月が過ぎた頃、心配していたことが現実に起こってしまいました→行方不明事件については、こちらの記事参照)

 

幼稚園の時は夕方になると「迎えにいかないと」という焦りはありましたが、預かってもらっている間は少なくとも安心して仕事ができました。

この差は業務を遂行する上で、結構大きいです。集中できないとミスも増えますからね。ミスが増えると凹むし、周りに謝ったり・・・でも遅くまで残ってミスをカバーすることもできないし・・・悪循環です。

 

③帰宅後も大忙し(宿題)

小学生③

さらに、家に帰ってきてからも、幼稚園の頃とは比べ物にならないくらい大変です。

それが“宿題”です。

これまでは、ご飯をつくって、食べさせて・・・お風呂に入るまでの30分ほどは休憩時間だったのですが…

そのリラックスタイムが宿題チェックの時間にかわりました。

しかも!うちの場合は、毎日宿題が4つ!!

・ひらがなプリント

・算数ドリル

・国語の本の音読

・計算カード

ひらがなプリントと、算数ドリルは自分でやってくれているのですが…音読と計算カードは親と一緒にすることになっており、サインや時間をはかって記録したりといったことも必要です。

ひらがなプリントも字が汚いと次の日にやり直しがくるし。。もう本当に毎日毎日、宿題におわれている毎日です。

 

なんとか宿題を終わらせて、お風呂に入れたら・・・21時。子供はすぐに就寝です。

子供が寝たあとは洗濯物や食器の片付けなんかをして、やっと私の一日が終わります。平日は自分の時間はゼロ。ドラマなんてみていられません。(夜更かしできる人はいいでしょうが、私は目が持ちません。というか集中力がいる仕事なので寝不足だとできないです。)

結局、毎日22時に寝て5時に起き、なんとか自分の時間(読書や美容タイム)を捻出している状況です。この朝の2時間がないと私は本当に自分の時間が全く無くなって、ストレスの塊になると思います・・・

この生活がいつまでもつのか、体力が続くのか、と心配です。

 

子供を産んでからはじめて“時短勤務”というのを考えるようになりました。ここまでずっと頑張ってきたのに・・・まさか子供が小学生になって、時短で働かないといけないかもしれないとは思ってもみなかったですね。

小学生になると夏休みもありますし・・・時短勤務や転職も考えなと行けないな~と不安な今日この頃です。「小1の壁」は本当でした。

これからお子さんが小学生になるワーキングマザーのみなさんの参考になると幸いです。

 

アドセンス関連広告

-家事・仕事
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.