医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

お金

【お金に困らない人の特徴】毎月出ていくお金を極限まで減らす

投稿日:2017-05-31 更新日:

【プレジデント】お金に困らない生き方 2017年度特集

20170527_163632

その年の、話題のお金情報が満載で役立つ反面、いや去年言ってたことと全然ちがうじゃんってことも多くて・・・

世の中の流れの速さを知ることができる特集ですね。

おすすめ保険なんて、1年でがらっとかわっているんですよ。私、去年の特集読んでこの保険に入ったのに・・・なんだ今じゃもうおすすめベスト10にも入っていないんだ。というか、むしろダメ保険の条件に該当しているし・・みたいなこともありました。

なつかしい。

興味のあるかたはぜひ手にとってじっくり今年のお金事情とやらを確認してみてください。

今年の特集の中で、まさに今が旬!?(いやちょっと出遅れ感もありますが)な格安スマホと光熱費削減が絡むトピックがあったので、紹介したいとおもいます。

そのトピックの名は

毎月出ていくお金を極限まで減らす技術

20170527_163811

これって、お金が貯まる人の典型だと言われていますよね。

お金が貯まる人はとにかく「固定費」にこだわるっていいます。私の印象では、お金がたっまってるかどうかは知らないけど、お金の使い方が上手な人は固定費にこだわっている傾向がありますね。

そしてケチだなと思う人は、臨時出費にこだわる傾向が。

つまりどういうことかというと、ごはん食べに行ったとき、飲みに行ったとき、旅に出たとき、友人の結婚式、お祝い、そういったところは、どんどんお金を出すけど。家賃や、光熱費、毎日の通勤費、食費、被服費なんかはなるべく安くしている人は、ケチなんて印象は与えずに、お金の使い方が上手だなあと思います。

その一方、家は自分の理想、光熱費や通勤費などは特に気にしないけれど、友人の結婚式のお金がないとブツブツいったり、旅先でその土地のおいしいものも食べずコンビニ弁当ですませたり、飲み会では割り勘が割に合わないと文句を言ったり・・・ケチだなという印象を与えてしまう人もいるなあって。

 

毎月同じ給料で、同じお金を出費していたとしても、前者と後者なら、私は断然前者と一緒にいたいです。

と少し話がそれましたが、そういった見直せる「固定費」を見直すことを、「毎月出ていくお金を極限までへらす方法」ということで紹介してくれているので、参考にしてください。

では、今なら何を見直すべきか?

本記事で見直しをおすすめされていたのは、今話題の「格安スマホ」と「水光熱費」です。そうすれば固定費削減につながるのか、詳しくみてみましょう。

 

1. 格安スマホ

20170527_163820

まずは、今とにかく話題の「格安スマホ」ですね。私も興味はあるのですが、どうしても10年以上使っている「ドコモ」というブランドが捨てきれず買い替えていません。

でも、この仕事用にもう一台もつのはありかな~と考えているところですので。この記事はかなり興味深くよみました。

で、結論としてはどうかというと、ものすごく欲しいです。前向きに検討しています。

なぜかというと、「格安スマホ」の何が怖かったかというと、やっぱり通信面だったんですよね。ネットワークが安定しないと、本当イライラしますからね。

でも、この記事には「通信面」も「通話面」も3大キャリアとかわらいとのことでした。なぜなら、格安スマホのキャリアは結局どこも3大キャリアの回線を借りているのですよね。だから基本的には変わらないということです。

それなら、2台目は格安スマホでもいいかな・・と今かなり前向きに検討中です。

 

で、格安スマホの中でもいろいろあるんですよね。選択肢が。

まず電話をほとんどかけずに、インターネットだけ使えれば良いという人は以下の3つのキャリアがおすすめらしいです。

・フリーテル

・イオンモバイル

・mineo

 

一方、ある程度電話する人向けなのは、以下の3キャリアらしいです。

・楽天モバイル

・UQモバイル

・ワイモバイル

この3つは、CMなんかでもよく耳にするので知っていますが、上の3キャリアは正直全くきいたことがなかったです。

でも私の場合は、2台目だし通話は全くする予定がないので上の3つから選んだ方が良さそうです。

肝心の料金ですが、びっくりですよ。上の3つは1180円~1500円/月です。ありえないですね。私の今のドコモ携帯は、月々1万円弱ですよ。

格安スマホが浸透したら、従来の3大キャリアは消えるんじゃないかと思えてきます。

 

ちなみに下の3キャリアも月々だいたい2000円前後の使用料らしいです。驚いたのは、楽天モバイル、UQモバイルは、毎日通話5分までは無料らしいですよ。すごい・・・

と思ったら、ワイモバイルは10分まで通話無料らしいのです。

やっぱり買い替えようかなと思えてきました。他にもいろいろな格安スマホがあるので、調査してみる価値はありそうです。実際ドコモから乗り換えたら、-8000円も月々の固定費が削減できますよね。これは大きい。



私は上のエキサイトモバイルにしようかと考え中です。理由は、最初の4ヶ月が劇的に安いことと、今までずっと使ってくたどこも回線だから、安心かなと思いまして。

せっかく試すなら、徹底的に安いものでよいかと考えています。それで回線に問題なければ、万々歳ですからね。また、使用感を追記したいと思います!

 

2. 電気、水道

20170527_163827

続いては、固定費の定番“水道・電気”です。とくに今年は電力の自由化で、電気代が大きく削減できるチャンスなのですよね。

例えば、以下の電力会社に乗り換えると、月に1万円以上の節約になる見通しのようです。

・エルビオでんき

・中国電気

・スマ電

・サニックスでんき

 

月1万円、年間約12万円を使っている家庭では、上の電力会社に乗り換えると1万2000円程度の節約になるようです。つまり月1000円くらい安くなると言った計算ですね。

さらにぽいんと還元で、555円還元されたりと、うまくやれば年間2万円弱の節約にもなりそうですね。

内の場合は、月の電気代は6~7000円くらいなので・・・数百円の節約と考えるとあんまり意味はないかなと思いました。




その点、水道代の節約は良さそうです。

節水シャワーでお風呂の水を節水し、さらにトイレの節水も加えると20~60%もの節水になるようです。水道代は毎月基本料2000円に使用料2000円くらいで、月4000円がうちの料金です。

節水シャワーヘッド、トイレの節水器具は数千円で売っているので、最低の20%節水になったとして・・・

節約料金はおそらく300円くらい。年間3600円と試算すれば1~2年でもとはとれそうですね。しかも環境のためにも節水はよさそうです。

電力会社の乗り換えのような面倒な手続きもないし、これは取り入れてみようかなと思いました。うちは家族2人ですが、もし家族が4~6人いる家庭では節水シャワーの節約力は結構高そうですよね。

 

3. 家賃

最後は家賃ですね。賃貸に住んでいる人は、引っ越しができるということが最大のメリットですから、月々の固定費を見直すなら家賃をやすくするのが一番です。

といっても私も引っ越しをなんどもしているのでわかりますが、引っ越しはお金がかかるんですよね。

いくら家賃の安いところをみつけたとしても、敷金・礼金・そして引っ越し第でざっと30万円くらいは飛んでいきます。家賃を1万円削減できても引っ越し代で30万円もかかったら、取り返すのに3年くらいかかりますからね・・・

ということで、家賃節約のために引っ越しするなら、月2万円は安くなるところを探しましょう。さらに、敷金・礼金をとことん交渉しましょう。

いまや、マンションオーナーも住居者が見つからず空き部屋が多くて困っています。そこで、安い家が見つかれば、月々の家賃はあまり交渉に応じてくれなくても、敷金・礼金はかなり安く、いやもしかすると礼金なしなどで貸し出してくれる場合もあります。

だって空き家で置いておくよりは、住んでもらえた方が大家さんもうれしいですからね。

 

ということで、ポイントは家賃-2万円以上の物件が見つかって、敷金・礼金を交渉して引っ越し代を最低限にできる条件なら、即引っ越ししたほうが良いでしょう。

引っ越しは、うちも本気で考えています。その理由は家賃削減というよりペットが飼いたいからなんですけどね・・・

 

今まで敷金・礼金は言われたままに払ってきましたが、これからは交渉しようと思えました。

 

ということで、スマホ代、水道・電気代、家賃でもしかすると月々3万円程度の固定費削減ができる可能性があると言うことが分かりました。

毎月3万円も余裕ができれば、食べるものや、着るものがかわりますよね。やってみる価値ありです!ご参考になれば幸いです。

アドセンス関連広告

-お金
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.