医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

子育て

【子供のタイプ別】お金に困らない子を育てる方法

投稿日:2017-06-01 更新日:

【プレジデント】お金に困らない生き方

20170527_163632

今月のプレジデント「お金に困らない生き方」の中に子育て中の方々に役立ちそうな情報がありました。

そのトピックは「お金に困らない子を育てる方法」

これは、興味ありますよね。どういったことが書かれていたかというと、質問36個に答えて、点数をだすことで、子供のタイプわけをします。

ここでは子供を9タイプに分けて、それぞれの子供におすすめの職業や、声掛けの仕方などが載っていました。

質問に答えて点数を出すというのは、私的には面倒なんですが・・・会社の休み時間にちょこっとやってみたところなかなか楽しかったです。

ちなみに子供だけじゃなく、自分のタイプも調べてみました。その結果がまた当たっててびっくりしました!

 

9つのタイプ別 お金に困らない子を育てる方法

20170527_164300

質問項目は、長いし、36個もあるので残念ながらここには記載する気にはなれませんので、興味のあるかたはこの雑誌をぜひ手に取ってやってみてください。

今回は、9つのタイプと、それぞれに適した子育て方法なんかを説明したいと思います。

 

A. 完璧主義タイプ

20170527_164320

完璧主義タイプにかけると良い声掛けは、「これをやり遂げたら、理想に近づけるよ」です。

責任感が強く、正直でストレートな物言いを好む傾向があるため、人生設計がしやすい職業である大企業勤務、銀行員、会計士や経理などの専門職も◎

 

B. 献身家タイプ

献身家タイプにかけると良い声掛けは、「これをやると世の中のためになるよ」です。

自分のためより、人のために行動できるタイプなため、人のサポートとなる秘書や看護師、介護師、保育士、飼育員、フライトアテンダントなどが◎

 

C. 達成者タイプ

達成者タイプにかけると良い声掛けは、「よくできたね!偉いね!」です。

競争心が強く、上昇志向が強いため褒められると伸びるタイプ。ミスしても凹まずチャレンジ精神に富んでいるため、政治家や営業職、イベントプロデューサー、外資系企業◎

 

D. 芸術家タイプ

20170527_164326

続いて芸術家タイプにかけると良い声掛けは、「あなたの発想、面白いね」です。

他人と異なる価値観にプライドをもっていてさらにロマンチストな傾向があるため、計画や予算などを押し付けられることをものすごく嫌います。タレント、クリエーター、イラストレーター、カウンセラーなどが◎

 

E. 研究者タイプ

研究者タイプにかけると良い声掛けは、「自由にやっていいよ。いい感じだね」です。

頭が切れて大人びているため、大げさにほめてもしらけてしまいます。好奇心旺盛で、チームではなく独りで干渉されずに極めたいタイプ。研究職、カウンセラー、プログラマー、歯科技工士、科学者などが◎

 

F.堅実家タイプ

堅実家タイプにかけると良い声掛けは、「一緒にがんばろう」です。

温厚でこつこつと作業を積み重ねるのが得意。公務員、大企業勤務、財務、校正などの安定した職業が◎

 

G. 楽天家タイプ

楽天家タイプにかけると良い声掛けは、「これをやれば、将来は楽しいことだらけだよ」です。

明るく楽しいことが大好きで、行動力もあるタイプ。ただし詰めが甘いのが難点。タレントや、ライター、営業職、お笑い芸人、芸能リポーターなど流行りをおいもとめるような職業が◎

 

H.統率者タイプ

統率者タイプにかけると良い声掛けは、「誰よりも上手。他の子と比べてよくできるね!」です。

人より優れていたいと思うタイプで、誰かに頼られたり、相談されるのも好きなタイプ。リーダーや姉御肌タイプ。起業家、コンサルタント、スポーツ選手や管理職も◎

 

I. 調停者タイプ

調停者タイプにかけると良い声掛けは、「みんなと一緒にやってみよう」です。

調和を重視し、ゆったりマイペースなタイプ。組織やクラスの緩衝材、潤滑油になりえる存在といえます。競争社会である資本主義社会には適職がないといえます。あまり競争意識のない中小企業(もちろん日本の)などでマイペースに働くのがよいでしょう。

 

以上、9タイプ別の適職と声掛けでした。

 

ちなみに私は、何が当てはまったかというと・・・

何も当てはまりませんでした。

なんと同点で、複数タイプに当てはまりました。当てはまったのは、「B.献身家タイプ」と「D.芸術家タイプ」と「H.統率者タイプ」でした。

私はもともと動物がだいすきで獣医の道を志しました。前職でも獣医師かつ研究者として動物に携わっていました。

そしてその後、会社をやめてからは、母子カウンセラーや里子支援、動物愛護ボランティアなどをやっています。

現在はグループリーダーとしてチームマネジメントをやりつつ、起業して本格k的にセラピスト、コンサルティング業をやっています。

びっくりしますよね・・・まさにB.献身家タイプに向いていると書かれている動物飼育員やセラピスト関連の仕事もしつつ、D.芸術家タイプに向いていると書かれているカウンセラーの仕事もしつつ、H.統率家タイプに適していると書かれている起業家やリーダーとしても仕事をしているのですよね。

ひとつ当てはまっていないのは、研究職に従事していたにも関わらず「E.研究者タイプ」の得点がそんなに高くなかったこと。

 

ちなみに最も得点が低かったのは、F.堅実家タイプとI.調停家タイプでした。たしかに、私には全く向いていない職業が書かれています・・・。そして、最も共感したのは、D.芸術家タイプのところに書かれていた、計画や予算などを押し付けられることをものすごく嫌います。というコメント。

私、本当にそうなんです。人がたてた計画を押し付けられたり、勝手に予算をくまれたりするのがものすごく嫌で、一気にやる気がなくなるタイプでした。自由に取り組もうとしたら自然とリーダーといった立場にならないと無理だし、モチベーションを維持するには、自分のためより、社会のためや誰かのための方が良いですからね。

今回の結果はものすごく当たっていたし、しっくりきました。ぜひ、気になった方はためしてみてください。子育てにも、自己分析にも使えますね。

 

アドセンス関連広告

-子育て
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.