医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

旅・グルメ

【隠岐の島】ホテルみやびの宿泊記【お部屋・お風呂・お料理など】

投稿日:2017-06-21 更新日:

【ホテルみやび】ホテルランクは上から2番目!アットホームで素敵な宿!

この度、友人たち4人で「隠岐ウルトラマラソン」に参加してきました!

隠岐ウルトラマラソン専用ツアーで、ホテルランクが上から2番目だという「ホテルみやび」さんに宿泊したので、そのご紹介記事を書いておきたいと思います!

隠岐ウルトラマラソンは、離島であることなどから、ほぼ全員が前日ホテル泊です。ツアーに申し込んで宿を確保できないと大会に参加できなくなりますので・・・みなさん、宿泊先は選ぶよりなにより確保することが最重要です!

 

でも、一応ツアー申込時にホテルのランクなども選べたりもしますので、どの程度なのかな・・・という参考にしていただけたらと思います。

 

※「隠岐ウルトラマラソン」の体験記は、こちら記事へ

 

【外観】こじんまりとした宿泊施設

ホテルMiyabi

外観はこんな感じです。ごくごく平凡な四角い建物ですね。3階建てで、部屋数もそんなに多くないホテルです。

隠岐には高級旅館や高級ホテルといったところはないので、このホテルでランクが2番目ということですね。

これはお部屋の窓から撮った写真なのですが・・素敵でしょ?すぐそこに海が見えます。さすが離島だけあって、どこからでも海が近くて良いですね。

私は海が大好きなので、この真っ青の海の近くってだけで幸せな気持ちになりました。

 

【お部屋】お部屋はごくごく平凡な和室

残念ながら、お部屋の写真を撮るのを忘れていました。

お部屋はごくごく平凡な和室でした。

おそらく8帖でしょうか。4人1部屋だったので、結構ぎゅうぎゅうです。入るとすでにお布団が敷かれていて・・・座るところもありませんでした(笑)

 

なので、いったんみんなでお布団を半分に折って、スペースをつくって明日の準備などをしました。荷物もそれぞれ結構な量なので、ほんとに余分なスペースはどこにもないといった状態でしたね。

コンセントなども4人部屋だと数が足りなくて探さないといけない感じではありましたが、久しぶりの友人との大会参加で、そういったワイワイ感も楽しかったです。

 

お部屋にはお茶と、干し梅があったでしょうか。ゆっくりお茶を飲んで、長旅の疲れをとりました。

その他の情報としましては、シャワーなどはついていません。入ってすぐのところにトイレと、洗面があるだけです。4足程度おける靴箱もありました。

 

【お風呂】そんなに大きくない大浴場で温泉はなし

ホテル雅 隠岐の島 に対する画像結果

お風呂は、女性風呂はこの上の写真になります。

大浴場というほどの広さではないですが、ゆったりと足をのばしてお湯につかれるので気持ちよかったですね。

洗い場は4席か5席くらいでした。

脱衣場もそんなに広くはなく、洗面が2か所、棚も12個くらいでしょうか。

お部屋にシャワーがないので、全員が大浴場を使用しますので割と混んでいましたね。でも、全員が「隠岐ウルトラマラソン」のランナーか、応援の方々で、毎年参加という方も多いので、気軽に話しかけ合う感じで雰囲気は悪くなかったです。

 

【お料理】食事は食堂で、全員ほぼ一斉スタート

ホテル雅 隠岐の島 に対する画像結果

食事はこの上の写真の食堂でとります。

ちょっとうろ覚えなのですが、たしか夕食は19時、朝食は出発前の3:00くらいから一斉スタートでした。

食堂に入ると、ご飯とお汁以外のものはすべて準備された状態で、そこにご飯、お汁、お茶が運ばれてくるという流れでした。

 

↓この写真は、走る前夜の食事になります。

なかなか豪華でした。葉っぱの上にのっているのは隠岐牛です。

あとは地元でとれた新鮮なお魚の刺身盛りに、茶わん蒸し、サラダ、煮物、小皿3種などなどです。

白米が本当においしかったです。

 

実は前日は、この食事の前に「前夜祭」でちょこっと飲み食いしてしまっているので、全部食べ切れないくらいの量でした。

でも翌日のことを考えると、たくさん食べてしっかり炭水化物を蓄えておかないと・・・ビールも飲んで、お腹いっぱいで就寝しました。

 

↓下の写真は、走る当日の朝食です。

前日夜8時頃に食べ終わって、すぐに寝て・・・

そうしてまた朝3時からこの量を食べるんです。もうそれはそれはお腹がパンパンでしたよ。

朝は、笹がれいの一夜干し、冷ややっこ、サラダ、小皿、隠岐のこんぶ?、隠岐の名産の海藻が入ったお味噌汁、ごはん。

そしてこの火にかけているのは目玉焼きでした。

実は、これまでのウルトラマラソンやマラソンで学んだことですが・・・この量で満足していちゃいけないんですよね。私はお腹いっぱいの状態で、さらにご飯とお味噌汁のお代わりをしました。この蓄えが、このあと5時からの走るエネルギーにかわってくれるのです。

結構無理して食べました。

 

そうして、走り終わってクタクタの状態でいただく夕食がこの写真です。

↓走った当日の夕食。みんな足を引きずりながら食堂に集結します(笑)

走っている途中に、いろいろとエイドで食べたりはするのですが、朝の満腹はすっかり空っぽになっており、2日目の夕食もとってもおいしかったです。

またまた豪華なお刺身に、てんぷら、カニグラタン、たしか豚肉の小鍋、あと小皿といった内容です。

走った後のビールは、ものすごく肝臓への負荷がかかるのでやめておかないといけないのですが・・・やっぱり飲みたい!ということで今晩もビールを1杯だけ飲んでしまいました。

 

さてさて、食後ももちろんみんな足を引きずってお部屋に戻ります。

書き忘れた重要なことですが、このホテルは3階建てでたしか階段のみでした。私たちのお部屋は3階。食堂やお風呂は1階。ということで、何度も階段の上り下りをしないといけません。

これがもう半端じゃなくつらいのですが・・・実は結構足の回復にはよかったりします。

動かしている方が筋肉が固まらず、結構回復も早いです。

 

一番動くのがつらいのは、寝たり長時間座った後の歩みです。もう生まれたての小鹿のような歩き方になりますね。

 

この日はゆっくりと寝て、翌朝は通常通り8時くらいから朝食をいただきました。10時チェックアウトで、また家までの長旅が始まります。

帰りは足腰がつらいうえに、荷物を背負わないといけないので・・・想像以上にきついですよ。でも、やめられない隠岐ウルトラマラソンでした!

 

ホテルの皆さま、隠岐のみなさまに感謝

ホテルはこれといって特筆する点はないのですが、人が本当に温かいです。

隠岐の方々にとって、ウルトラマラソンは島をあげての一大イベントです。ホテルの方は、早朝3時からの朝食の用意をしてくださり(ほとんど徹夜でしょうね)、スタート後にホテルの前を通った時には大きく手を振って応援してくださっていました。

走って戻ってきた後も、「お疲れさまでした」とねぎらいのお声をかけていただき、本当に温かいサービスでした。

 

最後のフェリーなんて、島のみなさんがふ頭のさきっちょまで大きな旗を振ってお見送りしてくださいます。

「また来年まってます~」と言ってくださるので、ついつい「また来年もこようかな」と思ってしまうんですよね。

今回は初めて宿泊した「ホテルみやび」さんのご紹介でした。参考にしていただけると幸いです。

 

もちろんウルトラマラソン以外の旅行での利用もおすすめです!

 

アドセンス関連広告

-旅・グルメ
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.