医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

男女(夫婦・恋愛)

【いい女の条件】甲斐性がある女とは?

投稿日:2017-06-24 更新日:

【いい女とは】美人よりスタイル抜群より愛される条件【甲斐性】

Michi写真

こんにちは、Michiです。今日は恋愛レポです。自身の体験を赤裸々に語りながら【甲斐性ある女とは】について書いていきたいと思います。

自慢じゃないですが、私はこれまで別れた元彼たちから、きまって“忘れられない”と言われます。復縁を求められることも多いです。

※この写真は、写真が趣味の幼馴染が「いい女風」に撮ってくれたMichiです。おわかりの通り、決して美人でもなければスタイル抜群でもない、ただの女です(笑)

 

【恋愛遍歴】大学生以降の彼たちと別れたその後

ここで、【甲斐性ある女】について持論を述べるにあたり、お恥ずかしながら私の元彼の話をしたいと思います。

①大学入ってすぐに付き合った元彼(交際期間2年):ポンくん

大学入学してすぐに意気投合して付き合いました。ポンくんは高校から親元離れて夢のために遠方に来ている子でした。ロマンチストで男らしさを大事にしている一方で、親元離れて少し寂しがりやなところがありました。

彼の高校はほとんど男子といった環境だったため、大学で女の子がたくさんいる!という状態にテンションがあがっているようでした。私もバイト先で男友達ができたりと、お互いに他の交友関係も大事にしながらの、束縛しない関係でした。

しかし1年くらい付き合って、私はバイト先の先輩から告白されました。その出来事から、一転。彼が「バイトに行くな」と言い出し、バイトは辞めたくないと続けていると、バイトの終わる時間には毎回店先で待機・・という状況になりました。

バイト先には、男の先輩だけでなく女の子の友達もいて、仕事終わりに着替えながら少し一緒におしゃべりしていたら・・・電話。電話。電話。窮屈な関係になってしまい、結果2年弱でお別れしました。

別れてからも同じ大学で、共通の友人もいたため、何年間にも渡って何度も“忘れられない”と直接連絡をもらったり、友人を介して話を聞くこともありました。

 

その彼とはもちろん復縁することなく、私には次の出会いが訪れました。

②ナンパされ付き合った元カレ(交際期間6年):ユウくん(子供の父親でもあります)

この出会いは、私の運命を大きく変えるものになりました。20歳の時に、とある場所でナンパされました。『ねえねえ、おねえさん』といったかんじの軽いナンパとはちがいますが(笑)

街で偶然居合わせて、しばらく会話を楽しみ・・・偶然相手は私の連絡先を知る立場にあったため、その日の夜連絡がきました。『もう一回会いたいなと思って』とそんな内容だったと思います。『いやなら、二度とかけないので』と、とても紳士的なナンパでした。

そんな彼と、私は20代のほぼ全てをパートナーとして過ごしました。24歳の頃に、子供も授かっています。しかし、結婚はしていないし、結局26歳で一緒に暮らすことはやめました。彼とは出会いから別れまで、ここには書ききれないほどいろいろなことがありました。

ひどい別れ方をしたといっても過言ではないですね。

しかしそんな彼からも数年後にふらっと連絡がきて、“忘れられない”と言ってきました。子供のこともありますので簡単に復縁を求めてくるということはありませんでしたが、こちらの近況を探ってきたり、久しぶりに会いたいといってきます。(ここは、今まさに現在進行形です。)

 

③社会人になって出会って5年目に付き合った今彼(交際期間2年半):ケンくん

最後に、元カレではなく今彼のお話を少し。

今彼とは出会ってもう8年目。最初の5年は会社の同僚で、5年目の途中に付き合いはじめました。子供もいる中での交際です。覚悟をきめつつ、月1回会うか会わないかの、ゆるい付き合いをしています。

お互いのリズムがあうからこそ、できる付き合いですね。

 

【忘れられない女】元カレから言われた『忘れられない』意外な2つの理由

その二人に、そして今の彼にも共通して言われた“忘れられない(ハマってしまった)理由”というのが、2つあります。

おそらくこの理由を深い追及することが【男が考えるいい女の条件】あるいは【甲斐性ある女】につながっていくと思いますので、ただの私の1例にすぎませんがよろしければ読んでみてください。

①デートは割り勘でも自腹でもOKなところ

意外な理由の一つ目が、まさかのここ。私がデートのときに言う「割り勘で!」「次は私が払う!」そんな言葉が、忘れられない理由につながっているというのです。

詳しく説明します。

まず、皆さんはデート代ってどうしてますか?私は基本的に最初は「割り勘で!」といいます。

付き合いがある程度になれば「ボーナス(バイト代)出たし旅行行こうよ。どこ行きたい?」と自腹のデートやお出かけもどんどんします。彼はそのデートでは一度も財布は出しません。

一応言っておきますが、これまで彼氏はみんな年上です。最初の彼氏は同じ大学生なので年上といってもそれほど経済面で差はないですが、子供の父親である次の彼は私が20歳(大学生)の時に、29歳で社会人でした。そして今の彼氏にいたっては、二回り以上離れた年上です。同じ会社なので彼がどれだけ多くの収入があるかもだいたいわかっています(笑)

この条件、一般的には「彼氏に奢ってもらっていいんじゃない?」という条件だと思われる方も多いのではないでしょうか。

 

それでも、私は最初から割り勘です。初めてのデートは大抵食事でお会計は彼がしてくれますよね。その場ではしっかり甘えて「ごちそうさまです。おいしかった。」と言って店を出ます。レジ前で、「」割り勘で!」「出すよ、出すよ!」なんてやり取りはもちろんしません。でも、別れ際に懐紙などにだいたい半分くらいのお金をつつんで渡します。

もちろん、あとでお金を渡してすんなり受け取ってくれる年上の彼氏は少ないでしょう。嫌がる人もいるかもしれません。

そんなときは「また遊びたいけど、ご馳走されると気を遣って誘えないから」といってきちんと渡しています。まあ、実際そうですからね。

こういって受け取ってくれない人はいませんでした。今の年上彼はそれでも初回は受け取ってくれませんでしたが、きちんと「それなら、次はどこかに連れていってくれる?」と言ってくれたので、そのようにしました。実際に次はちゃんと私にご馳走させてくれたので、今彼とも割り勘が当たり前になっています。

 

私にとっては当たり前のこの「割り勘制」がすごく大事なポイントだったようです。そのあたりのことは、後で詳しく書きたいと思います。

 

②セックスは男性と同じように自分から誘うし楽しむところ

もう一つの意外な理由はこれです。「セックス」です。

以前「セックスレス」に関する記事にも書きましたが、私はセックスにまつわる一般的な固定観念をもっていません。

一般的な固定観念とは、

・セックスは男性が誘うもの
・セックスは男性がリードするもの

といったものです。

私は別に性癖がSというわけでもないし、ものすごくセックスが好きというわけでもありません。ただ、上記のような固定観念がないだけです。

「好きな人と結ばれたい」と思えば自分から誘うし、「好きな人と結ばれて楽しいとか幸せ」と思えば、それを全身で表現します。(つまり気持ちよく“イク”ということです。笑)

それが、男性にとっては、「いい女だ」と思ってもらえるポイントのようです。

決して床上手(笑)なわけではないですよ。相手を気持ちよくするというわけではなく、自分が気持ちよくなっているだけなのに「なんで?」って感じですよね。

 

しかし、この2つの理由「割り勘制」と「セックスを楽しむ」には大きな共通点があるようです。

【男性たるもの】女性の前ではとことん見栄っ張り!

その共通点というのが、男性を「安心させる」というところのようです。

男性というのは、女性が思っている以上に相当な「見栄っ張り」なんです。女性の前ではとにかく「かっこよく」いたいのです。

だから、「ごちそうせずに、お金がないなんて絶対思われたくない!」と考えてデートに挑みます。もちろんちょっと無理したお店につれていくし、たくさん注文もします。でも本当はそんなに余裕なんてなんです!

さらに、「セックスが下手だとは絶対に思われたくない」とも思っています。だから「イったかどうか」をいつも気にしてるんです!

男性って切実ですよね。。

 

【ずっと一緒にいたい女】甲斐性ある女性(男前な女性)といると安心できる理由

ここまで説明してきたように、男性はいつもいつもがんばっているんですよね。これは女性は案外気づいていないところかもしれません。男性がやっと気を抜けるのは“結婚”したあとです。そのため結婚すると別人のようになったと言われるのですね。(もちろん結婚しても気を抜けない男性もいます。)

少し話がそれましたが、そんな無理しまくっている中「割り勘じゃないと嫌!」と頑なに言ってくれる女性に出会うと、本当はものすごく嬉しいんです。だって、実際の財布の中は切実だったわけですからね。

もし切実じゃないお金持ちの男性だったとしても、「この子はお金目当てじゃないんだ」と安心すると思います。

いずれにしても、男性をたてつつ、さりげなく「懐事情」を気にかけてくれる女性というのは、男性も強い安心感を与えるようです。そうして、安心感は居心地の良さにかわり、もし他の女性に浮気をしかけても・・・やっぱり居心地が悪いと感じて戻ってきてしまうのです。

いやいや、居心地よすぎると飽きられるんじゃないの?って不安になりますか?

だんだん女として見てくれなくなりそう・・・とおもう人もいるかもしれません。

でも私はそういった経験は今までありませんでした。その理由は、おそらくですが“もう一つのポイント”にあるような気がします。

そのもう一つのポイントというのが、“セックスを楽しめて、イってくれる”というところです。

先程も書きましたが、男性というのはとにかく見栄っ張りで、女性の前では格好つけたがりなのです。

それは経済面だけじゃなくて、性の面でも同じです。

よく「男は身体目的だ」とか「自分が気持ちよければいいんでしょ」なんて男のことを言う女性がいますが・・・そんな男性は少数派です。

実際は、自分が気持ちよくなるよりも、女性が気持ちよくなってくれていることに喜びというか、満足感を覚えているのです。したがって、色々な技術をもっている女性より、心からよがってくれる女性の方が、男性にとっては魅力的なのです。

最も男性が嫌がるのは、反応がない女性だっていいますよね。

AVでは異様なほど女性が喘ぎ声を出すのも、男性のそういった感情に訴えかけるからでしょう。

 

これらのことからわかるように、男性にとって“忘れられない女”とは・・・

一見「男勝り!」なのに、「繊細な心遣い」ができる女性ということです!

「デートは割り勘で!」なんていう女性、なんというか男勝りですよね。経済的に自立している印象も与えますし、男に媚びたくないというような強気な印象を与えます。

しかし、実際は「相手の懐事情」をさりげなく察しての行為だということです。「お金ないんでしょ」なんてあからさまに言わずに、「割り勘派だから」と言ってさりげなう気遣うところが最大のポイントです。

そして、自分からセックスに誘ったり、恥ずかしがらずにノリノリでセックスを楽しんだりというのも、世間一般的には女性らしさとは程遠いものになりますよね。しかし、そんな中でも男性がしてくれる行為に対しては、心も体も任せて全力で感じていたらどうでしょう。男性に、女性といることの幸せを最も感じさせることができると言えます。男性が女性を最も意識する瞬間に、最高の安心感を与えることができるのです。

 

甲斐性のある女とは?

まとめると、男性が女性に感じる「甲斐性」とは「経済的に自立している、依存しない女性」であり「セックスを全力で楽しめる女性」ということではないでしょうか。

彼氏とずっと一緒にいたい方は、

・お金の面で彼に頼りすぎていないか?

・セックスに対する固定観念に縛られていないか?

という点について振り返ってみてください。

「デート代は男性に払わせるべき」とか「恥ずかしがる女性に男性は燃える」なんて、よく言われますよね。しかし、それは女性が若くてかわいいうちや、男性が若くて自信にあふれ、経済的に裕福なうちだけです。

結婚すれば、女性は嫌でも年をとるしかわいくない部分も見せることになります。

また、男性も年をとって自信をなくしていったり、病気で仕事を失ったり、いつ何時経済的に困窮するかわかりません。長く一緒にいと、何があるかわからないものです。

そんな時でも、どんな状況でも愛され続けるには、「甲斐性ある女」になることを私は心からおすすめします。結婚しない主義の私が言っても説得力ないかしら!?でも私は自分が結婚したくないからしないだけで、『結婚してほしい』とは言われているので・・・多分大丈夫だと思います。結婚したい人はそこで『イエス』と返事をすればいいだけです。

 

アドセンス関連広告

-男女(夫婦・恋愛)
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.