医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

健康 医学レポ

【健康食品・サプリメント】トクホもサプリもキャッチコピーの妙【本当の効果は?】

更新日:

【トクホとは?】健康食品やサプリの正体

サプリメント

こんにちは、Michiです。今日は医学(健康)レポです。

ダイヤモンド「クスリ・健康食品のウソ!ホント!」より、1つ前の記事では“自然食品”についてまとめました。今回は“健康食品(トクホ)”や“サプリメント”について、その正体に迫りたいと思います。

関連記事:【無農薬・オーガニック】自然食品は本当に安心・安全なのか? 

健康食品の中でもとくに最近ブームなのが“乳酸菌”ですよね。

ヨーグルトや飲料だけでは収まらず、チョコレートにまで乳酸菌入りが出るほど、食品業界は乳酸菌で一儲けしようと必死です。

では、その効果はどれほどなのでしょうか。乳酸菌も含む“トクホ”とよばれる機能性健康食品の実体、サプリメントの効果についてもレポートします。

 

【乳酸菌】巧妙なキャッチコピーで売れただけ!?

乳酸菌

みなさん、一時期スーパーやコンビニの棚からヨーグルトが消えた!?なんてことがありましたよね。

今もなお続いている「乳酸菌ブーム」ですが、こういった健康食品は薬とは違い体に害もなく、効果だけがある良いものだと思っていませんか?

実際に、食品の中には「トクホ」と呼ばれるいかにも健康によさそうなものや、「機能性食品」なんて呼ばれるいかにも効果のある成分が含まれていそうな食品がありますよね。

それにしても、ヨーグルトなんてものはこれまでもずっと売られていた商品ですし、乳酸菌の存在もずっと知られていました。

それなのに、なぜこれらが一気に売れ始めたのでしょうか?そこには、巧妙な宣伝手口があり、私たち消費者はその宣伝にのせられているだけかもしれないということを知っておいた方が良さそうです。

 

【乳酸菌】キャッチコピーの妙

乳酸菌②

乳酸菌ときいて、まず最初に思い浮かべるのは、ヨーグルトでしょう。ヨーグルトだけでも、各社さまざまな商品があり、それぞれに巧妙なキャッチコピーがつけられています。

例えば、ガセリ菌SP株入りヨーグルト(雪印メグミルク)

乳酸菌⑤

キャッチコピー「内臓脂肪を減らす!」

このキャッチコピーをみて、健康診断で内臓脂肪を指摘された人は毎日「ガセリ菌SP株入りヨーグルト」をせっせと食べているのかもしれません。しかし、本当にガセリ菌SP株は内臓脂肪を減らすんでしょうか?考えたことはありますか?

 

他にも、ヨーグルトに続いて乳酸菌飲料なども豊富なラインナップですよね。これらにも、それぞれキャッチコピーがつけられています。

乳酸菌③

代表的なものを紹介しましょう。

カルピス

乳酸菌⑥

キャッチコピー「乳酸菌と酵母の生み出す力」

 

ヤクルト400

乳酸菌⑦

キャッチコピー「生きて腸で働く乳酸菌シロタ株」

なんだか、どのキャッチコピーもいかにも効果がありそうなものですよね。

私たちは、こういったキャッチコピーによって、

乳酸菌の種類による働きの違いも知らないまま・・・

本当に乳酸菌が生きたまま腸まで届くかどうかも知らないまま・・・

ついつい購入してしまっているのですよね。

 

さらにさらに、乳酸菌にいたってはそのブームはきえることはなく・・・どんどん拡大しています。

乳酸菌④

最近はチョコレートにまで乳酸菌が入って、「機能性食品」というありがたい名称がつけられるようになりました。

はたまた、牛丼と一緒に飲む「とん汁」にまで乳酸菌が100億個も入っているとか!?

こんなにあらゆるものから乳酸菌ばかり摂取して、いったい私たちはどんな健康体を目指しているのでしょうか・・・

そもそも乳酸菌が腸内でどういった働きをしているかご存知ですか?

乳酸菌は「プロバイオティクス」とよばれており、たしかに便秘改善などに一役かっています。しかし、それはあくまで脇役としてです。便秘の改善は、運動や野菜(食物繊維)をとることが9割で、残り1割くらいの要因として乳酸菌による腸内環境の整備があるという程度です。

また、乳酸菌は「プレバイオティクス」といわれるオリゴ糖などを栄養素として増殖します。そのため、何も食品から大量の乳酸菌を毎日毎日摂取しなくても、エサとなるプレバイオティクスも摂取していれば腸内で増殖するのです。

乳酸菌だけをまるで神のように扱っているのは、全くおかしなことです。

 

機能性食品の乳酸菌については、このあたりにしておきましょう。続いては「トクホ」についてです。

【トクホ】特定保健用食品(トクホ)は1度死んだってどういうこと!?

トクホ

トクホとは、「特定保健用食品」といわれるもので、科学的根拠なども示して、健康効果を思いっきりアピールしている食品や飲料などですよね。

最近よく見かけるのは、「お茶シリーズ」です。

脂肪の吸収を抑えるというお茶シリーズでは、様々なデータが示されています。直接的な批判はしたくないためデータはお示ししませんが、いち科学者の立場から見ると、これらのデータはどれも科学的には全く脂肪を減らす効果が示されていません。

科学の世界では、n数(研究対象の人数)を明らかにし、結果は有意差検定をかけて、統計学的に優位な差があるとみなされて初めて「差がある(効果がある)」と認定します。

つまり科学の世界ならトクホ茶はどれも「差がない(効果がない)」商品ということになります。しかし厳密な規定がないトクホというきわどい食品業界で、大々的に効果をアピールして売り出しているのです。

私にしてみれば、まずいだけのお茶に、どうして普通より高いお金をはらわなきゃいけないの?という気持ちです。

 

トクホは一度死んだ・・・こんな風に言われているのを知っていますか?

トクホについては、以前花王が販売していたトクホ商品「エコナ」やその関連商品で、健康食品どころか、むしろ発がん性物質を生み出す可能性が高い成分が含まれていたということで、製造・販売自粛においやられた過去があります。

結局その後5年近く検証をかさねて、「ただちに発がんを促すなどの健康被害はない」といった結論を出しましたが、その間に「エコナ」は完全に市場を失いました。

このとき、「トクホなんて・・」とトクホは一度食品業界で死んだのです。

しかし、ここにきて再びトクホという文字をよく目に耳にするようになりました。今度は安全性に問題が起きにくそうな・・すなわち大して効果はなくて日常的によく摂取しているもので、トクホの第二ブームを起こそうと働きかけているのです。

その代表が、お茶や飲料ですね。

しかし、トクホとは、結局そういうものなのです。

消費者としては悲しい現実ですが、「大して効果がないもの」「ありふれたもの」を、ちょっと高く売るための戦略でしかないのです。期待するだけ損と言わざるを得ません。

果たして、トクホは2度死ぬのでしょうか・・・・

そして、3度目はあるのでしょうか?

食品業界の必死さがうかがえるトクホの実態についてでした。

 

【サプリ】怪しさに満ちたサプリの正体とは!?

サプリメント③

スーパーフードも、トクホなどの健康食品、機能性食品も大して効果がないとなると・・・もうあとは、効果がある成分をぎゅっと詰め込んだサプリメントに頼るしかない!と思いませんか。

そんなサプリメントはどうなのでしょうか。

そもそもサプリメントは、まるで医薬品のような効果をうたっているものもあります。しかし、医薬品のように厳しい研究開発データや、品質維持が義務づけられておらず、規制が緩い世界です。

したがって、品質はメーカーによってまちまちということです。

大手メーカーが結構な予算をかけて開発しているものもあれば、怪しいものもあります。とくにテレビ通販やネットで売られているようなものは・・・品質の保証ができません。原材料費数%で大半は広告費と利益のみといったサプリも多く存在するのが現実です。

では、大手メーカー(ファンケルやDHCなど)が販売しているサプリは、効果もあり、品質もよく、安全か?というと・・・

 

例えば妊娠中の女性がよく摂取している「葉酸」のサプリメント。

サプリメント③

 

このタブレットを「葉酸の塊」だとおもって飲んでいませんか?でも実際は、葉酸含有量はたった1%。いえ、大手メーカーのものでも1%未満のものすらあります。

つまり飲んだタブレットの大半は、必要のないものでできているということです。薬などもそうですが、あの白い塊には、保存料、着色料、石油製品などのようなあらゆる添加物がふくまれているのです。よく薬はプラスチックをのんでいるようなものと言われたりしますよね。

 

男性機能の回復に効果があるとされている「マカ」は!?

サプリメント④

サプリと言えば女性を思い浮かべますが、男性がよく利用するサプリとして有名なのは、「マカ」です。

「マカ」はたしかに強壮作用があり、男性機能を活性化させる力があります。しかし、注目したいのは、それは大量に摂取すればよいというわけではないということです。食品から自然に摂取する程度のマカで、十分に効果があるのです。

むしろ大量に摂取した場合の安全性などは全く確認されていないため…危険きわまりないと言えます。

今晩がんばりたいなら、サプリでマカを摂取するより、前日はしっかり寝て、夕食にうなぎでも食べて、リラックスしてベッドに入った方がよっぽど良さそうです。

私のカウンセリングエステには、サプリを飲んでもダメといった男性もよくこられます。お話をきいて、その人にあったアロマをミックスしたオイルエステをしています。そうして心を整えるだけで、男性機能を回復された方もお多くいます。

それでも難しい人は、品質が不確かなサプリより、医師に医薬品を出してもらうことをおすすめしています。もちろん副作用があるため、どうしてもという男性だけにすすめていますが。

 

【まとめ】食品選びはしっかりと!巧みな「宣伝文句」に騙されない!

サプリメント②

このようにみていくと、自然食品も、健康食品(トクホ・機能性食品)も、サプリメントも、お金をかけて摂取するほどのものではないということがわかりましたね。

各メーカーの巧妙な「宣伝文句」にのせられて高額な商品を購入してしまっているだけ・・・ということにならないようにしたいですね。

結局、健康は「様々な食品をまんべんなく食べる」「ストレスをためない」「良質な睡眠をとる」といった基本的なことでしか保てないということを肝に銘じておきましょう。

ここに書かれている第一条

「健康食品の利用を、不適切な生活習慣の免罪符にしない」は、ものすごく大事なことだと思いました。

例えば「ウコン飲むから、大酒もOK」とか。

「脂肪吸収を抑えるお茶を飲むから、油物たくさん食べてもOK」とか。

「栄養ドリンク飲むから、睡眠時間が短くてもOK」とか。

よくあるCMにまんまとのせられていては、危険です。

ウコン飲むより大酒はやめて、トクホ茶飲むより油物は控えて、栄養ドリンクで眠気を覚ますのではなく毎晩質の良い睡眠をとる。

この当たり前のことを意識しつつ、健康の基本を忘れないようにお互い頑張っていきましょう。

 

アドセンス関連広告

-健康, 医学レポ
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.