医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

健康

【無農薬・オーガニック】自然食品は本当に安心・安全なのか?

投稿日:2017-06-29 更新日:

オーガニックフードやスーパーフードのメリット・デメリット

1498690777359

こんにちは、Michiです。今日は健康レポです。

今月のダイヤモンドは、私が最も得意とする内容でした。「クスリ・健康食品のウソ!ホント!」というタイトルです。

今回はまず、健康に良いと人気のスーパーフードのウソ・ホント、さらに安心安全だと思われている“自然食品”のウソ・ホントについてレポートします。

 

健康志向の人から愛される「スーパーフード」「オーガニックフード」のリアル

人間の身体は、食べたものでできている。

健康志向の方々は、食べ物にはとくにこだわりますよね。無農薬・無添加などのオーガニックフード(自然食材)や食品を、多少高価格でも購入されている方も多いと思います。

また病気予防や健康維持のために、スーパーフードと呼ばれる食品を積極的に摂取している方もいるのではないでしょうか。

しかし、“スーパーフード”や“オーガニック食材”には、メリットだけではなく健康リスクもあることをご存知ですか?

クスリやサプリメント、食品添加物などとは対極にあり、「安心、安全」だと思い込んでいる方がほとんどだと思います。しかし、「健康食材」を盲信して過剰に摂取していると、さまざまなリスクがあります。詳しくみていきましょう。

 

【スーパーフード】仕掛け人のビジネスモデルに騙されている!?

20170630_193931

この写真にうつっている、茶色くて、山のように積み上げられているものは何かわかりますか?

これはいわゆる「スーパーフード」とよばれているもので、最近ものすごくブームになっている海藻です。その名も「アカモク」といいます。

このスーパーフードと呼ばれている“アカモク”は、ついこの間までゴミとして捨てられていたものですが、NHKの「あさイチ」で取り上げられて以来・・・ものすごい勢いで注文が殺到しているそうです。

成人病予防に効果があると言われている「フコイダン」や、脂肪燃焼効果のある「フコキサンチン」という成分が、他の海藻と比べて圧倒的に多く含まれているとのことです。

つまり、血管サラサラ効果や、脂肪燃焼効果があるとうたわれているわけですね。

また、大学の研究で「アカモクのエキス」がエイズウイルスやヘルペスウイルスの増殖を強く抑えるといったことも明らかになってきているそうです。

このアカモクのように、実際に科学的な根拠をもって「スーパーフード」としての地位を獲得した食材もありますが、その一方で、現在流行っているスーパーフードの中には、効果などが甚だ疑問なものも多いのが現実です。

効果が疑問の人気「スーパーフード」を以下にあげます。

ココナッツオイル

20170630_193955

白くてどろっとしたココナッツオイル。中鎖脂肪酸という体脂肪になりにくい油でできており、脂肪がつきにくいと人気です。

しかし、体脂肪になりにくいといっても油ですから。他と比べて、やや良いくらいなものです。決して健康に良いからたくさんとった方が良いというものではありません。

 

アサイー

20170630_194001

アサイーもものすごく流行っていますよね。栄養価が高く、抗酸化作用があるため、美容に良いという触れ込みで人気となりました。

実際に栄養価は高いですが、他の食べ物と比べて特別に「アサイー」の栄養価が高いというわけではないそうです。抗酸化作用も同じく。

また抗酸化作用にいたっては、そもそも経口摂取したところで、人間の体内で効果を示すのかどうかはまだ科学的に何も証明されていないのが現実です。

「アサイー」というちょっとききなれない言葉に、人々は「未知なる力」を感じて「スーパーフード」ともてはやしている感は否めません。

 

チアシード

20170630_194017

これもダイエット食品としてものすごく人気の「スーパーフード」ですよね。栄養価が高く、食物繊維も豊富で美容効果があるといった特徴に加えて、水を吸収すると何倍にも膨らむということで、満腹感を与えてくれてダイエット効果があるということで、「スーパーフード」の地位を確固たるものにしております。

たしかに胃で膨らむことによるダイエット効果は期待できなくもないですが、胃で膨らむものなら、おからとか、他にもいろいろとあります。

こちらも「チアシード」「植物の種」という得体の知れなさが、人気を後押しした秘訣といえそうです。

 

酵素(ローフード)

20170630_194009

生の食べ物のことをかっこよく「ローフード」と呼び、「生きた酵素」を摂取することで、体内で酵素が働くということをうたっているものですね。

左側のデトックスウォーターも同じです。野菜や果物を水に浸して、そこに溶け出た酵素を吸収することで、デトックス効果があるとのことです。(いやいや、酵素ってものすごく分子量の大きいタンパク質だから、水にとけたりしないんじゃ・・・とツッコみたくなりますが。)

これは、非常に切ない現実ですが、私たちの体は、口から吸収したものは、食道を通過し、胃で消化されるというプロセスがあります。

酵素とはまさに「タンパク質」の一種であり、胃でその大半は消化されてしまい失活します。したがって、腸に届いてデトックスとか、そんな作用は全く期待できないわけです。

しかし、こちらもそんな科学的なことは関係なく、瓶にカラフルな野菜やフルーツを入れて持ち歩くことで「おしゃれ」であり、いっきに女性の間で流行したと言えそうです。

 

スーパーフードブームは「科学より気分!?」

20170630_194027

このようにしてみると、世間ではやっている「スーパーフード」などとよばれているものは、「こんな成分がある」とか「こんなエキスが出そう」とか、本当にその程度のことで、いかにも人間の体に効果があると思われてしまったものと言えそうですね。

実際には科学的な根拠は全くないというものが多くを占めています。

しかし「科学的な根拠がない」ということをどんなに伝えても、女性たちはあまり聞く耳をもちません。結局のところ、「科学」より「気分がアガればOK」という発想なんでしょうね。

私も美容情報にものすごく敏感な従妹などに、「コラーゲンって分子量がものすごく大きいから、皮膚に塗ったって浸透なんてしないよ」とか、真面目に話してしまったりするのですが・・・「でも実際、きれいになってる感じはするし」と言うだけです。

気分がアガればOK。そういうことなんでしょう。

「病は気から」ともいいますし、この考えは一理あるのかもしれません。例え科学的に根拠がなくても、使ったり食べることによって気分がよくなれば、それだけイキイキとした顔になるとも言えます。

しかし、その一方で・・・気分や、おしゃれさ、だけで摂取するものを選んだり、サプリを多用したり、偏った食生活になったり、というのは明らかに逆効果だと思いますので、注意も必要ですね。真実を知るということも大切です。

真実を知って、それでも好きだから「スーパーフード」を食べるのなら、それはOKな気がします。

私はチアシードも、アサイーも、玄米や、雑穀米も、酵素液も・・・全然おいしいと思わないのでたべないですけどね。それより毎日3食、まんべんなく多くの食材をとりいれて、とにかくおいしく食べた方が健康的だとこころの底から思っています。

 

【無農薬食品】農薬の代わりに怖い菌がどっさり!?

 

 

 

【まとめ】健康食品のウソ・ホント

 

 

アドセンス関連広告

-健康
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.