医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

旅・グルメ

【十三】ラブホ街に佇む「プラザ大阪」の宿泊体験記

更新日:

プラザオーサカ に対する画像結果

私たちの大好きな街、十三で久しぶりにお泊りました。これまでは、飲んで酔っ払ったら彼とラブホテルに消えていたのですが(笑)

今回は、彼だけが飲みに出かけて、私は子供とお部屋で待っていたため、一応それなりのホテルにしないと!

ということで十三のラブホテルを抜けた先にある「プラザ大阪」さんにお邪魔しました。

十三にはビジネスホテルの東横インが駅から近いところにあるのですが、金曜の夜ともなると全く予約できません。

プラザ大阪も、何とか一部屋残っていただけでした。

 

十三でホテルが見つからない場合は、新大阪周辺にホテルがたくさんあるので探してみてくださいね。→私たちが新大阪で利用するのは、こちら「コンヤードbyマリオット ホテル」

 

そして十三で一番おすすめの行きつけ(笑)ラブホテルは、こちら「ネオ エクセレンス」

 

【アクセス】十三駅や飲み屋街からは、このラブホ通りを抜けて・・・

プラザオーサカ に対する画像結果

十三にはこれといった飲み屋街はなく、いろいろと散らばっているのですが・・・基本的には駅の周辺です。わたしたちのいきつけの居酒屋も駅から大通りに出てすぐのところです。

さてさて、そこからプラザ大阪に向かおうとすると、よほどの遠回りをしない限り、必ず通らないといけないのが上のような「ネオン街」です。

とにかく多くのラブホテルが並んでいます。ただしネオンは割と控えめですので、それほど嫌な雰囲気ではありません。気になる人は、大通りをずっと歩いていき、駅の逆側からホテルにアクセスするとネオン街を避けて到着できます。

子連れの方や、カップルでもない普通の家族旅行などで利用する場合は、遠回りしたほうがよいかもしれませんね。

 

 

【お部屋】ランクなどによりさまざま

プラザ大阪 部屋 に対する画像結果

さてさて、ごく一般的なフロントでチェックインを済ませると、お部屋に向かいます。お部屋にはランクがあって、ベーシック→コンフォート→エグゼクティブ→スイートといったランク順のようです。

私たちはたまたま空いていた「エグゼクティブ」を予約し、上のようなお部屋でした。

まあ、広さは十分で、チェアーもあるためゆっくりできましたが・・・シャワールームは狭くて古臭いユニットバスで、入り口には段差があったりとなんだか変なつくりでした。おそらく改装したのでしょうね。

ベッドの広さなども全く問題ないのですが・・・何となく部屋の空気が悪く。シャワー室からはうっすらとかびのようなにおいがしてきました。

また空調をつけると風がベッドに直接くるため・・・のどが痛くなりました。

お部屋での滞在はあまり快適とは言えないですね。しかしながら、格安でしたので仕方がないと思える程度でした。さすがにいつも泊まるマリオットや、旅館と比べたらだめですよね(笑)

 

【朝食】バイキングか洋食プレート

朝食はバイキングか、別のレストランで洋食プレートになります。

プラザ大阪は、とにかく今は中国人などの外国人だらけです。そのため、バイキング会場も外国人ばかり。

とてもゆっくり食べられる雰囲気ではなく、私たちはとなりの別のレストランで洋食プレートにしました。

こちらのレストランで、それはもうガラガラ。静かでゆっくりとできます。お姉さんが一人しかいないため、注文してからお料理がでてくるまで結構かかりますので・・1時間くらい見ておいたほうが良いかもしれません。

でもゆっくりできてよかったです。

お料理は、パン(トーストでした)、生野菜サラダのお皿、卵料理(スクランブルエッグかオムレツを選べます)とソーセージ、ベーコンのお皿でした。そしてなぜか飲み物が2種類ついてきます。(オレンジ、マンゴー、パイナップルから選べます)

大きなグラスに注がれてきて、私的には1杯で十分なものですが、彼は喜んでいました。食事中はオレンジジュースで、食後にマンゴージュースが飲めて幸せ~って(笑)かわいいです。

 

お料理の量はちょうどよく、バイキングよりずっとよかったです。この内容で一人1600円くらいだったでしょうか。3人で5000円くらい。

お部屋がツインで10000円ちょっとしかかからなかったので、非常に割安な宿泊になりました!金曜の夜は、ラブホテルが満室のことも多いので・・・また確実に部屋をとりたいときは、プラザ大阪を予約しようと思います。

 

アドセンス関連広告

-旅・グルメ
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.