MICHIYOレポ

このブログは全てMICHIYOの体験談のみです。ステマが多い口コミ(レビュー)とは違い、詳細をお伝えします。あくまでMICHIYO目線であることはご了承ください。

中部・北陸

【1080円のおーいお茶】味?化粧箱付きでお土産に最適!

投稿日:2017-08-08 更新日:

【500mlで1080円】高級おーいお茶『新茶』感想

こんにちは、Michiyoです。

今日はグルメレポです。

静岡駅にやってきた帰り道、駅弁とお茶を買おうとホームの売店に入りました。

まず駅弁を選んで、次にお茶を・・・と探していると、私の大好きな「おーいお茶」の文字が見えました。

でも、なんだか見た目が上品です。

キャップのところはリボンで飾られていて、手にとるとなんだかすごく重い・・・そう、瓶なのです。

なんだこれ・・・と思いつつ、お値段をみると・・・まさかの・・・・

1,080円!!!

めっちゃ高いお茶ですね。

実は今回、この超高級茶を飲んでみたのでレポートしたいと思います。

【おーいお茶】新茶!こんなの買う人いないのでしょうか?

よく見ると、“おーいお茶”ではなく、“おーいお茶「新茶」”と書かれていた、この高級茶。

そうです、ここは静岡です!お茶の名産地です!

そのため、今年とれたての茶葉で淹れた新茶のおーいお茶バージョンが売られていたのですね。

しかし、それにしても高すぎるので、普通のお茶を買おう。買わないと!と自分に言い聞かせます。

しかし、結局私はその瓶入り高級茶を手放すことができませんでした。

こんなの他の駅では見かけたことがないし、せっかくお茶の産地「静岡」にきたのだから!

そんな言い訳をして、1080円の駅弁と、同じく1080円のお茶をレジに持って行ってしまったのでした。

レジに持っていくと、レジのお姉さんに「こちらお土産用で1080円になりますが、大丈夫ですか?大丈夫であれば、化粧箱にいれますね。」と言われました。

どうやらお土産用のお茶で、化粧箱までついているそうです。

私は答えました。

「お弁当と一緒にすぐに飲みますので・・・そのままで大丈夫です。」

お姉さん、キョトンっとしてしまいましたよ。

1080円のお茶を駅弁のお供に買う人は、そうそういないようですね。

「高いですが・・バーで一杯飲むのとかわらないですものね。せっかく静岡にきたので駅弁と一緒に味わってみようかと・・・」と答えて購入しました。

味は?色は?香りは?

さて、いよいよ飲みます。

色は通常のおーいお茶より淡い色でしたね。黄緑色といいますが、きれいな透き通った色です。

味も、サラッとした感じでした。普段のおーいお茶よりさっぱりですね。しかし後味に少しお茶の渋さも残りました。結構好みの味でした。

香りは良かったです。急須で煎れ立てのお茶とかわらないくらい良い香りがしました。

これはペットボトルのお茶では味わったことがない香りでしたね。瓶に入っているから香りを維持できているのでしょうか。

でも、何が一番よかったかというと、1本1080円もするお茶だということです。

そう思うと香りや味をじっくり楽しもうと思いますよね?

その結果、ただのお茶の飲み方がかわります。

そして、じっくり味わいながら、茶葉をつくっている茶畑のおばあさんの顔を思い浮かべる感じがよかったですね。

私的には1080円の価値ありでした。

【まとめ】1080円のおーいお茶「新茶」の感想

結論から言いますと、1080円出す価値は・・・ないお茶だと思いました。

駅弁のお供にするには、さすがに高すぎます。

しかしながら、お茶の産地「静岡」のお土産に買うのは良いかもしれません。(ただし瓶入りなので結構重いです。)

もらった方も、話題性があって、お茶が嫌いな人もそんなに多くないでしょうし喜んでくれると思います。

静岡の富士と茶畑を思い浮かべながら・・・・

機会があれば、飲んでみてくださいね!

-中部・北陸

Copyright© MICHIYOレポ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.