医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

高齢化

【エンディングノート】必須項目から、効果的な書き方、保管方法など

投稿日:2017-08-19 更新日:

【遺言書よりいい!】死ぬまでにまとめておきたい8つのこと

エンディングノート

こんにちは、Michiです。今日は生活レポです。

このブログでは、これまでも、孤独死や事故死、自然災害や病気などによる突然死といった話題を取り扱ってきました。その中で、多くの問題がみえてきたのは、亡くなった本人ではなく残された遺族の問題です。

「本人が延命治療を望んでいないのに、家族が長期間の延命治療をしている」

「遺産相続で子供たちが絶縁状態に」

「事故で亡くなった主人の隠し子が見つかって、奥さんが取り乱してしまう」などなど。

自分な亡くなった後、思わぬことで家族や親族を悩ませたり、悲しませたりすることはなるべく避けたいですよね。

そこでおすすめなのが、遺言書よりも丁寧な生前の意思表示ができる『エンディングノート』の作成です。今日はエンディングノートに書くべき7項目をレポートしたいと思います。

 

【1. 基本情報】

エンディングノート②

まずは、基本情報です。

「私□□は、19××年××月××日、〇〇の生まれ(戸籍)で、現在△△に住んでいます(住民票)。連絡先は—です。」という自己紹介をするつもりで、書いておきましょう。

また、証明としてできれば戸籍謄本や住民票、最低でも保険証や免許証のコピーなどは入れておきましょう。

 

【2. 資産】遺言書と資産の詳細

エンディングノート③

続いて重要なのは、「遺言書」に関することです。エンディングノートは多くの意志を残すことができますが、やはり正式な書類としては遺言書を作成しておくほうが良いです。

そのためエンディングノートと合わせて、資産と相続については遺言書を作成しておきましょう。

よって、エンディングノートには、「遺言書の有無」「作成日」「保管場所」などを明記しておきましょう。

 

【3. 資産】銀行預金だけでなく、不動産や生命保険、株、為替など

続いて資産の詳細を記載しておきます。

資産とは、銀行の預金や不動産のことだけではありません。下記に、資産となりうるものを挙げているので参考にしてください。

預貯金

エンディングノート④

まずは預貯金です。金融機関名、支店名、口座種類、番号を正しく記載しておきましょう。通帳と印鑑の保管場所も忘れないように!

 

不動産

エンディングノート⑤

続いて不動産です。こちらもみなさん、資産として十分認識されているものですよね。しかし、親族は「こんな土地があったの?」と全く知らない場合もあります。丁寧に残さず記載しておきましょう。

・物件の種類(土地だけ、戸建て、マンションなどな)

・用途(自宅、別荘、農耕地など)

・名義(自分、共有で〇〇%など)

もちろん住所、登記簿上の所在地などの情報も記載し、関連書類の保管場所も明記しておきます。

 

生命保険

エンディングノート⑥

生命保険も、自分が亡くなった後に家族に手続きしてもらうべき資産の1つです。

保険会社名、種類、契約者名、受取人などの情報を残しておきましょう。こちらも保険証券の保管場所を明記しておくことを忘れないように!

 

株、為替、投信など

エンディングノート⑦

さて、最近は金融資産を株や投資信託などの形で保有している人も多くなりましたよね。銀行の預貯金だけではなく、株や投信を保有している金融機関名、支店名、口座番号を明記しておきましょう。

とくにネット証券などの場合は、遺族はその存在すら知らずに放置してしまう可能性が高いです。以前も記事にしましたが、株ならまだ最悪価値がなくなるだけですが、FXなどは放置したことによってマイナス資産にもなりかねません。

参考記事:あなたのデジタル遺品はどうなる?

 

ゴルフ会員券、ネット収入など

エンディングノート⑧

 

人に貸しているお金

エンディングノート⑨

 

 

【4. 負債】資産だけではなく、負の資産(負債)も相続の対象

エンディングノート⑩

 

 

【5. デジタル遺品】IDやパスワードを正しく記録

エンディングノート⑪

 

 

【6. 葬儀の希望

エンディングノート⑫

 

 

【7. 埋葬の希望】

エンディングノート⑬

 

 

【8. 連絡先】

エンディングノート⑭

 

 

【まとめ】終活には「エンディングノート」の作成を!

以上、エンディングノートに書くべき8つのことをまとめました。

自分の死んでしまった後のことを考えるというのは、最近はやりの「終活」の基本とも言えますが、棺に入る体験をするより、自分でお墓を買うより、まずは家族に「自分の意志」を明確に表明することが必要ではないでしょうか。

エンディングノートは、遺言書などとはちがい結構なボリュームになります。大学ノート1冊にまとめておいたり、面倒な人は売っている「エンディングノート」を活用すると作成が楽ですよ!

ちなみに、私は大学ノートに残しています。私の場合は、上記8項目に加えて、子供の養育に関するお願いも記載しています。

みなさんの少しでも参考になれば幸いです。

 

【メール便なら送料120円(税込)】 コクヨ<KOKUYO> もしもの時に役立つノート(エンディングノート) ディスクケース オレフィンカバー付き LES-E101 【RCP】
by カエレバ

 

アドセンス関連広告

-高齢化
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.