医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

がん 医学レポ

【がん代替療法】標準療法と比べて死亡率5倍も!?

更新日:

【がん宣告】ショックで判断力がなくなったところに…

20171105_091200

今月のダイヤモンドの1コラムに、こんなものがございました。

“がん代替療法は、がん標準治療を受けた場合と比べて、死亡率が5倍になることも”という注意喚起の内容です。

がん研究に携わってきたものとしては気になりますね・・・初めに言っておくと、私はこの意見には中立という立場ですね。賛成も否定もしません。

という前置きをさせていただいた上で、この記事の中身を紹介しましょう。

 

がん標準治療って何!?

sandai2

 

今回の記事では、がんと診断された後に、標準治療を受けた場合と、それ以外の代替療法を受けた場合の、5年後生存率が比較されています。

まずは、この比較対象となっている「標準治療」とは何でしょうか。

がんの治療方法は、がん毎に「診療ガイドライン」というものが各学会監修で刊行されております。このガイドラインにのっとった治療が標準治療というものですね。ガイドラインにのっているということは、つまり厚労省が認めた(日本で承認されている)治療法ですので、当然保険が適用されます。

 

例えば、肺がんの診療ガイドラインについてみてみましょう。

 

こちらは、日本肺癌学会が刊行している「肺癌診療ガイドライン 2016年版」です。

がんには病期(ステージ)というものがあり、Ⅰ~Ⅳ期に分類できます。

肺癌の場合のステージは、さらに細かい分類があるのですが、大まかには下記の通りです。

Ⅰ期:転移なし

Ⅱ期:ごく限られたリンパ節にのみ転移がある

Ⅲ期:縦隔や気管など肺周辺の組織に転移がある

Ⅳ期:他の臓器に転移(遠隔転移)がある

 

ガイドラインでは、このそれぞれの病期ごとに受けるべき治療が示されています。

たいていのがんでは、Ⅰ期、Ⅱ期の場合は、外科的切除(手術)が第一選択であり、Ⅲ期以降では、化学療法がメインとなります。また化学療法と合わせて、放射線療法を治療や予防の目的で実施することもあります。

これらの、手術、放射線、承認されている化学療法といった治療法が、いわゆる標準治療とよばれるものです。

 

【がん代替療法】とは!?

Nutritionist Doctor is writing a diet plan

では一方、今回やり玉に挙げられている「代替療法」とはどういったものがあるのでしょうか。

こちらは、標準治療以外の「がんに効果があるとうたわれている治療法」を指しますので、様々なものがありますよね。民間療法などともいわれるものです。

抗がん作用を示すことが期待される成分を含んだサプリメントや食品であったり、マッサージや〇〇風呂といったものもあれば・・・

医療機関で医師が行う(日本では承認されていない)免疫療法だったり・・と本当にいろいろです。

少し詳しく紹介したいと思います。

 

【保険外診療】最先端のガン免疫療法!?

1258071787202

例えば、医師が行う医療行為の中で、がん民間療法の代表といえるのが、「免疫療法」です。

これまで、「がん免疫療法」はどちらかというと“ちょっといかがわしい”というようなイメージをもたれていました。

しかし、今や“夢の新薬”として承認され、多くの人が使用している小野薬品の「オプジーボ(ニボルマブ)」も、がん免疫療法の一つと言えます。したがって、科学的な根拠などは十分に納得できるものが多いです。

また、日本では承認されていないが、欧米では承認されている免疫療法などもあり、決して「効果がない」というわけではございません。

ただし、日本人での安全性や有効性が、きちんと国の定めた方法によって示されていないという点では、安易に治療をうけると思わぬ副作用がでたり、高額にもかかわらず効果がないといったことも起こりうるので、近年問題になってきていますよね。

 

【健康食品】サプリメントや海草も!?

thumbnail

もっとお手軽なサプリメントや食品でも、抗がん作用を示すと話題になっているものが多く存在しますよね。例えば、ここ最近の話題は、乳酸菌、海藻からとれるフコイダンなどですね。

当然ですが、これらの健康食品やサプリメントでは、医薬品のような効果や安全性は全く保障されていません。

例えば、細胞レベルの実験で、がん細胞を攻撃したとか・・・

統計学的なデータで、この食品を多く食べている人でがんの発症率が低いことがわかったとか・・・

そういったデータを根拠に「抗がん作用」をうたっているものがほとんどだと考えてよいでしょう。もちろん細胞レベルの実験データであっても「科学的根拠」の一つであることは間違いないですし、「統計学的データ」も立派な根拠の一つになりますので、こういったサプリメントや健康食品などの抗がん作用も「効果がない」とは言えません。

 

【疾患別5年生存率】標準治療と民間療法の比較

thJKNJJH78

それでは結局、今回のダイヤモンドに記載されていたコラムは何を示したかったかというと・・・

癌が発覚した後に、標準治療を受けた人と、標準治療を受けずに代替療法のみで過ごした人では、5年後の死亡率が後者のほうが高かったというデータを示したというだけのことです。

抗がん剤の承認申請時に、「効果」の指標の一つとしてあげられるのが“生存期間の有意な延長”ですので、たしかにこのデータからは「標準治療」の方が、「代替治療」よりも優れているという考察にもっていくこともできると思います。

しかし、「代替療法は効果がない」という結論には結びつきませんし、「標準治療をうければ5年は生きられる」というわけでもないので、私はこの記事のタイトルのつけ方にはあまり賛成できませんね。

ということで、この先は乳がん、大腸がん、肺がん、前立腺がんの比較データについて、私の個人的な見解も交えながら簡単にまとめておきます。

 

乳ガン

この記事では、乳がんが見つかった患者さんで、「標準治療」を受けた人に比べて、「代替療法」を受けた人では、死亡リスクが5.7倍になったと書かれていました。

どんな代替療法を選んだかということが全く書かれていないためわかりませんが・・・

乳がんの標準治療は、まず何より“切除手術”です。そして、放射線治療、抗がん剤治療、ホルモン療法などがガイドラインで定められています。

一方、効果があるとうたわれている代替療法には、乳がんに特化したものはなく、やはり免疫療法から始まり、より手軽なサプリメント(フコイダンなど)や、さらに女性の患者さんが多いことから酵素風呂やヨガといった、「抗がん作用」というよりは、ストレスを発散して心と体を整えるような方法も“乳がん予防や効果がある”というような口コミで広がっています。

免疫療法は少し別として、他の代替療法は科学的根拠のないものがほとんどです。そのため、「標準治療」と「代替療法」の効果の比較というよりは、「標準治療」と「とくに治療をしない(医療行為を受けない)」場合の比較といったほうが良いかもしれません。

 

ここからは、私の全くの個人的な意見なので聞き流していただきたいのですが、私はこの結果をもって、「やっぱり標準治療を受けないと」とは考えられません。

なぜなら、この比較はあくまで“生存率”という指標でしか比較していないからです。たとえ命が続いても、乳房を切除したり、抗がん剤の副作用に苦しみ続けたり、ホルモン療法で精神状態が不安定になったりしながら長く生きるより、ヨガをして心と体を整えながら過ごしたほうが、たとえ寿命が短くなっても良いのではないか、と考えてしまうからです。

それくらい、乳がんの標準治療は心と体に大きなダメージを与えるものでもあると思いますので、「死亡率」だけで優劣を比較するのは難しいですね。

 

大腸がん

さて、大腸がんについてはどうでしょうか。

大腸がんでも、やはり、「標準治療」を受けた人に比べて、「代替療法」を受けた人では、死亡リスクが4.6倍になったと書かれていました。

肺がん

肺癌では、その差はそれほどなく2.2倍とのことです。

前立腺がん

一方、前立腺がんだけは特殊です。前立腺がんは、標準治療を受けた人も、代替療法を受けた人も差はなしということです。これは実は今医療界でも問題になっていることですが、前立腺がんは多くのものが非常に進行が遅いがんです。

つまり、高齢男性で見つかった場合などは前立腺がんの進行よりも前に、べつの病気で亡くなったり、寿命を全うして亡くなる場合が多いとされていえます。

実際に前立腺がんは、積極的な治療をしないことこそが、「標準治療」であるともいえるのです。

この記事では、従って前立腺がんの患者さんは、そもそも代替療法なんてものにお金を使う必要はないというようなことを書いています。

私に言わせてもらえば、代替療法にお金を使うんは無駄という以前の問題で、前立腺がんの検査を受けることこそがまさに無駄だと思います。

 

 

さて、今回はがん標準治療と代替療法の死亡率の比較という内容でまとめてみました。この記事では、最後の最後にも“標準的な治療に目を向けることが大事”というようなしめくくりになっておりますが・・

最初に宣言したように、私はあくまで中立的な立場ですので、その部分は勘違いをしないようによろしくお願いいたします。

大切なことは、突然の「がん宣告」で頭が真っ白になり、医師や周りの人の言うことを鵜呑みにして何でもかんでも治療を受けないことです。自分で考えて、自分で納得した治療をうけるようにできるとよいですね。

 

アドセンス関連広告

-がん, 医学レポ
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.