医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

子育て

【続ける脳】脳科学者が「グリット」を日本人向けに解説

投稿日:2018-03-19 更新日:

【グリット】子供の頃に身に着けるべき習慣と大人になってからもできる工夫

続ける脳

こんにちは、Michiです。今日はママ(教育)レポです。

数年前に、偶然書店で目にして購入した「GRIT-やり抜く力-」という本。分厚くて非常に読み応えのある本で、大変勉強になりました。

その一方で、洋書の翻訳本であるがゆえに、出てくる例や検証内容が、やや日本人にはなじみのないものが多く、スッと読んで理解するには難しい本でもありました。

つい先日、書店で有名な脳科学者・茂木さんの著書「続ける脳」が目にとまりました。この本は、洋書であるGRITを、日本人にもわかりやすく解説してくれている著書で、GRITについてより深く理解することができたので、今回あらためてレポートしたいと思います。

※本家「GRIT-やり抜く力-」のあらすじや感想をまとめたレポートはこちら

 

【子育てとGRIT】子供の継続力を伸ばす方法

続ける脳②

この本では、GRITと子育てについてしっかりと掘り下げて書かれています。

GRIT(やり抜く力)が、一流になるために必要なものなら、親としては我が子のGRITを子供の時期から伸ばしたいと思いますよね。

しかしながら、GRITとは何とも抽象的な言葉で、具体的にどのような子育てをすれば良いのか浮かんできません。ここでは、親の目線で、どういった子育てをすれば我が子のGRITを伸ばせるかについてまとめたいと思います。

 

【子育て編】グリットの伸ばし方

まず、親が子育てについて考えるときに必ず出てくる悩みが、「厳しく育てた方が良いのか?甘やかす方が良いのか?」ではないでしょうか。

GRITを伸ばす、という点ではどちらも必要と言えます。

むしろ、どちらが良いかという考えは捨てて、子供のことをよく観察して、いつも認めてあげる姿勢をもっていることが重要だということです。

よく観察していると、気になる点が目につき注意する機会も増えるかもしれません。そういった意味では、子供からは「厳しい親だ」という印象をもつかもしれません。

一方、「よくがんばったね」と子供を認めることが多いと、子供は「甘い親」という印象をもつかもしれません。

しかし、どちらの印象をもったとしてもOKだということです。子供はたとえ注意を受けることが多くても、褒められて調子に乗ることが多くても、親が「自分を見てくれている」「自分を認めてくれている」ということに最高の喜びを感じるものだといいます。

まだまだ世界が狭い子供にとって、親の目、親の笑顔は最大のエネルギー源です。つまり、このような環境にいる子は、自然と「探求心」や「冒険心」といったエネルギーを必要とするスキルが磨かれていくのです。

この「探求心」「冒険心」こそが、GRITにつながっていきます。

 

本質を見抜く力を鍛えよう

探求心が磨かれると、子供は物事に深く取り組むとうになります。さらに、冒険心が磨かれるとより大きな課題にチャレンジしはじめます。

では、そんな子供を親がグンっと後押ししてあげる方法は何でしょうか?

それは「本物を見せてあげること」です。これは、親にしかできないことです。

例えば、歌に興味をもち始めた子供は、たくさんの音楽を耳にするようになるでしょう。もっと多くの音楽を聞かせてあげたいと、世界中の曲がダウンロードできる音楽プレーヤーを与えるのも1つです。

しかし、より効果的なのは生のライブ、演奏をききにつれて行ってあげることです。

 

電車がすきな子には、電車の図鑑を与えるのも1つですが、実際に電車を見たり、乗りに連れて行ってあげたほうが良いのです。

 

もっと言うと、より詳しいもの、マニアックなものを見せてあげると良いでしょう。そうすることで、子供は本質を見抜く力をつけます。

本質を見抜くために必要なことは、

①サンプルをたくさん見ること

②体を動かして、実際に体験すること

です。①は比較的簡単にできますが、大切なのは②です。親は②を意識して子供の探求心や冒険心を伸ばし、強いてはGRITを伸ばすための補助をしてあげましょう。

 

 

これからの入試は「(自発的に)何をやってきたか?」で決まる

GRITを伸ばすと、子供は何かをやり遂げる喜びを感じるようになっていきます。

その結果、どんな子供になるかというと、「自発的な子供」になっていくのです。これからの時代を生きていくには「自発的かどうか」は非常に重要です。

例えば、これまでの入試は、全員が同じ問題を解き、成績上位者が選ばれてきました。全員を横に並べて競わせるという方法でした。

しかし、これからの入試では、面接や小論文などが重要視されていくでしょう。もちろん会社の就職試験では、今も面接が最も重要である場合がほとんどです。

では、面接で必ず聞かれることは何だと思いますか?

それは「今まであなたは何をやってきましたか?」です。

これに対して、「絵を習ったことがあります」「サッカーをやっていました」ではダメなのです。自分は何に興味をもち、それをどこまで突き詰めてきたか。

それを伝えることができなければ、これからの入試では勝てないのです。

まさにGRITがあるかどうかを確認されていると言えますよね。親は子供の探求心や冒険心を磨き、GRITを伸ばし、何かを極められるような環境を作ってあげることが重要だということです。

 

 

【大人編】グリットの伸ばし方

続ける脳③

ここまで、子供のGRITの伸ばし方についてまとめてきました。

では、大人になってからではもう遅いのでしょうか?ここからは大人のGRITの伸ばし方について考えていきたいと思います。

大人になるとある程度、自分の興味や趣向はわかってきています。そのため、大人は探求心や冒険心からGRITを伸ばすというよりは、「モチベーションの維持」と「立ち直り力」が重要になります。

 

【フローに入る!】スキルと負荷を釣り合わせて、モチベーションを高めよう!

続ける脳④

大人になると、好きだからという理由だけで熱中することは難しくなりますよね。好きなことを仕事にできている人は、好きなことに熱中できるかもしれませんが、それはそれで非常に大変なこともわかってきます。

そこで大人がGRITを伸ばすのに重要になってくるのは、「好きではないこと」でもモチベーションを高く維持して続ける力です。

よく「こんな仕事がしたいんじゃない」といって会社を辞めていく人がいます。

また「自分にはこの仕事は単調でつまらなさすぎる。モチベーションが維持できない」といってどんどんパフォーマンスを下げていく人もいます。

前者は、他の仕事を探すのも1つの策です。あるいは、自分のしたい仕事をするために、今の仕事を最速で片づけるという課題を自分に課して、モチベーションを高めることもできます。

後者も、単調でつまらない仕事に、敢えて自分で負荷をかけて高度な仕事にかえることで、モチベーションを高めることができます。

これには、「フロー」という考えが重要です。人間が最も高いパフォーマンスを発揮できるのは「フローに入った時」だと言われています。このフローに入るには、自分のスキルと課題の負荷(チャレンジレベル)が釣り合っていないといけません。

したがって、負荷の軽い仕事(単調でつまらないと感じる仕事)には自ら負荷をかけてあげればいいのです。負荷をかける最も簡単な方法が、短い時間で終わらせるという制限時間を設定することです。

大学のセンター試験は、問題のレベルは低いですが、短い時間の中でミスなく終わらせないといけないところに難しさがあります。どんなに優秀な高校生も、センター試験で高得点をマークするにはフローに入る必要があります。

そしてフローに入ることで、人は充実感を覚えることができ、モチベーションも維持することができるということです。すなわちGRIT-やり抜く力-が身に着くのですね。

 

【失敗しても立ち上がる!】感情と論理を切り離して立ち直り力を鍛えよう!

そして、もう一つ重要なポイントが「立ち直る力」です。

大人になると、特に年齢を重ねるようになると、失敗を恐れるようになります。なぜ失敗をおそれるかというと、立ち直れないからではないでしょうか?

失敗は「ダメな人間」「恥ずかしい人間」と言われるようなもので、大人はその現実からなかなか立ち直れません。その結果、失敗をすることすら恐れてしまいます。

しかし、実は失敗は非常に良い事なのです。

というのも、失敗しても続ける人は、たいてい成功できるのです。つまり失敗することは、その先に成功が約束されたようなものなのです。

そうは言っても、「失敗しても続けることができる人は、精神力が強い人だけ」「自分はそんな鋼のメンタルはもっていない」と思ってしまいますよね。

しかし、失敗しても続ける人は、決して精神力が強いわけではありません。ただ、感情と論理を切り離して考えることができるだけなのです。

失敗したときに人は「恥ずかしい」「情けない」「悲しい」といったマイナスの感情を抱きます。しかし、この感情はあくまで今回の失敗に対してのみ抱くべきなのです。

あなた自身が恥ずかしい人間でもなければ、情けない人間でもありません。

ついつい感情的になって、論理的な思考ができなくなりがちですが、感情と論理を切り離すことができるようになれば、失敗からは新しい(別の)方法を学ぶことしかできなくなるのです。

つまり、次はぐんと成功する確率があがると考えられるようになるのです。これこそが、論理的な思考です。

精神を鍛えなければいけないのではなく、感情と論理を切り離す訓練をしないといけないのです。普段から、自分の中に芽生える小さな感情を受け止め、その出来事以外のこととは切り離して考える癖をつけましょう。そのように自分の感情をコントロールできれば、大きな失敗しても立ち直ることができます。

それがGRITを伸ばす、最大の秘訣です。

 

【まとめ】続ける脳の作り方

以上、「続ける脳」より子供と大人のGRITの伸ばし方についてでした。

やはり日本人向けにかかれた本なので深く理解しながら読み進めることができました。もちろん本家「GRIT」も非常に良い本なので、できればどちらも読んでみてくださいね。

子供は「探求心」と「冒険心」、大人は「モチベーション」と「立ち直る力」が重要であるとわかりました。また子育てという点で、親としてできることについても、具体例をあげて考えてみました。

参考にしていただけると幸いです。

 

続ける脳 最新科学でわかった! 必ず結果を出す方法 (SB新書)
茂木 健一郎 SBクリエイティブ 2018-01-06
売り上げランキング : 40176

by ヨメレバ
やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける
アンジェラ・ダックワース ダイヤモンド社 2016-09-09
売り上げランキング : 538

by ヨメレバ

アドセンス関連広告

-子育て
-

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.