医療,ビジネス,子育て,恋愛,あらゆるテーマをレポ

MICHIYOレポ

業界・職業研究

【医療業界へのIT進出】これからの医療業界の勝ち組とは

投稿日:2018-07-18 更新日:

【医療産業エリート】これからは医療もIT!活況の転職市場

医療産業エリート

こんにちは、Michiです。今日は医療レポです。

医療産業に関わるメーカーには、製薬、電機、IT・・・とありますが、これまで医療産業界のエリートと言えば製薬業界でした。

高給取りで、景気に左右されない恵まれた環境と言われてきましたよね。(→製薬会社の年収については、こちらの記事を参照)

しかし、近年その勢力図が変わってきつつあるとのことです。

今日は、今後の医療産業を支えるであろう新星エリート集団について、レポートしたいと思います。

 

医療産業界のエリートが変わる!これからはITメーカーの時代?

医療産業エリート②

医療産業には、今AIなどの最先端IT技術が急スピードで浸透してきています。

つまり、これまでは医療産業と言えば、医薬品会社や医療機器メーカーだけだったのが、電機やIT会社なども医療産業に進出してきているのですね。

実際に、米国の巨大企業たちが一斉に医療業界に進出し大きな話題となりました。

GoogleはITを駆使した医療診断機器の開発をすすめていますし、Microsoftは手術シュミレーションやAIを活用した遠隔診療の危機を開発しています。またアマゾンはオンライン薬局を展開しようとしています。

他にも多くのIT関連会社や、医療機器メーカー、ヘルスケアメーカーなどが、主にITを駆使した医療機器やソフト、アプリなどの開発をすすめています。

 

【引く手あまた】医療産業の転職市場で求められる人材とは

医療産業エリート

上記は、そんな医療産業に今注力している会社のみなさんです。

「うちが勝つから、うちへ来い!」

ということで、ITスキルの高い優秀な人材の取り合い合戦がおこっているのです。

具体的にどういった会社が人材を求めているかというと、「ジョンソン&ジョンソン」「GEヘルスケア・ジャパン」「フィリップス・ジャパン」「シーメンスヘルスケア」「日本アイ・ビー・エム」「オリンパス」「テルモ」「日立製作所」「富士フィルム」「シスメックス」「ペプチドリーム」「エルピクセル」と・・・

医療機器メーカー、ヘルスケア関連メーカー、機械メーカーさらにベンチャー企業も。

これらの会社のうち、実際に私もいくつかの会社からお声をかけていただきました。しかも2社からはかなり熱烈に・・・

というのも、これらの会社のみなさんの「吹き出し」には、どんな言葉がかかれているかというと・・・まとめると「医療専門性」「IT素養」「創造性」の3点がほとんど会社で求められている条件となっています。

医療機器メーカーは診断や検査機器を扱っているところも多いです。

私は大学時代は診断薬開発の研究をしていました。

そして就職して医薬品研究を5年、その後医薬品の開発関連の仕事を2年、ここで医療業界の知識を習得しました。

さらに退職後に、IT関連講座で学習した後、WEB立ち上げやマーケティング関連の仕事をフリーランスで受注した経験もあります。

今改めて考えると、これらの会社が求める人材の要件に合っているなあと思いました。

 

各社欲しい人材は?出身業界や所有スキルなど

医療産業エリート③

上記は、直近2年間で医療業界に転職した人の、転職前の業界を調査したデータです。

半数はもともと「メディカル業界」にいた人材ですが、残りは「医療以外のメーカー」「IT・インターネット業界」「流通・小売り業界」「コンサルティング会社」「金融業界」「サービス業界」と続きます。

これを見ると、異業種の人材をもとめていることがわかりますね。

反対に、メディカル業界から転職した人の行先を確認しても、約半数は同じメディカル業界に転職していますが、残り半数以上が異業種に転職しています。

医療産業エリート④

また、医療機器メーカーに限ってみると、自動車メーカーや機械メーカー、ソフトウェア関連会社からの人材を多く採用していることがわかります。

AIなどのITを組み合わせた、最新の医療機器の開発には、とにかくあらゆる業界のあらゆる知恵や技術、発想がもとめられていることがわかりますね。

 

転職を考えている人で、今働いている業界はもううんざり、高給取りをめざす!という人は、最低限のITスキルをつけて、これまで自分が培ってきたスキルとうまく絡めてアピールすることができれば、いくらでも良い転職先が見つかりそうな時代ですね。

 

【まとめ】医療産業のエリート、最新勢力図

以上、今後躍進しそうな医療産業についてでした。

思わぬ企業が、思わぬ人材を採用し、医療業界に次々と乗り込んできています。

これまで医療産業エリートだった製薬メーカーは今試練を迎えていますので、いmのうちに医薬品以外のスキルを磨き、異業種に転職するのも良いかもしれませんね。

参考にしていただけると幸いです。

 

【参考(IT業界に就職・転職したい人)】

現在、IT業界は人材不足のため収入アップの大チャンスです!

★すでにプログラミングなどのITスキルを有している方は、収入アップを目指して転職しては?IT業界専門の転職サイトはこちら
ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】


IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職なら【Tech Stars Agent】


 

★これからITスキルを身に着けて、未経験で就職・転職したい方は、就職までサポートしてくれるプログラミングスクール「WebCamp」がおすすめ

(東京近郊在住者・東京での就職を目指して上京予定の方は、教室へ!)
受講者満足度も90%以上のプログラミングスクール【WebCampPRO】


 

(地方在住者・上京が難しい方方は、オンライン!)
全国各地で学べる【WEBCAMP ONLINE】


 

★お金がかけられない!という方は、東京の教室で無料の講習(1~2か月)ののち、ITエンジニアとして就職するという道も!(講習を受けるだけではなく、その後の就職支援を受けて就職する必要があります。注意してください。)

独学は難しい・・・プログラミングはマンツーマン or グループレッスンで学ぶ
【完全無料のプログラミング&就活塾】



 

★フリーランスで活躍したい方は、フリーランスコースがある「TECH:EXPERT」がおすすめ!(教室、オンラインのどちらでもOK!)
未経験から最短でエンジニア転職を目指す


※私(元理系研究職)と私の従妹(元美容系営業職)は、TECH::EXPERTでフリーランスコースを受講しました!

こちらのコースでは、案件獲得までコミットしてくれますが、私の場合は子育てしながらのんびりフリーで働きたかったため「Rancers」で簡単な案件を受注しながら腕を磨きました。

そんな私でも、安定して月10~20万円の受注案件があります。

もちろん年収500万円をめざす方は、大いにコミットしてもらってください(笑)

 

 

アドセンス関連広告

-業界・職業研究
-,

Copyright© MICHIYOレポ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.